サロン専売品(さろんせんばいひん, salon monopoly)とは、シャンプーなどの化粧品を取り扱うメーカーが、主に美容を本業にしている美容師やメイクアップアーティスト、ビューティーアドバイザーなど、美容のプロフェッショナルが使用するためにつくられた化粧品のことである。 オススメ商品. 三重県四日市市安島二丁目1番1号丹羽ビル2F. サロン専売品は、メーカーから取扱業者を通じて各サロンに商品を届けるという流通ルートが一般的です。 問題は、この過程で何者かが一部のネット販売業者やドラッグストアに横流ししている可能性があるということです。 サロン専売品と言うけれど、普通にネットで買えるのはなぜ?しかもサロンで買うより全然安い。, でも、もしかしたら今のような値段で簡単に購入できるのは当たり前ではなくなるかもしれません。, 要するにサロン専売品のネット通販は荒れているんですね。アニメや映画がネットで無料で見られたりするように、インターネットのインフラが整っていない状況です。, ということで今回はサロン専売品についてのざっくりした説明や今後についてのお話です。, サロン専売とは、美容室やエステなどのサロンでホームケア向けに開発された製品のことを指します。, 資生堂を例にとっても、量販店などに向けて開発している製品と、美容室で専門的に扱う製品とで原料や価格も分けられています。, そのサロン専売品の商品が簡単にネットで安く入手できるので、それを問題視した動きも見られるようになってきました。, 通常は上記の流れで商品が流通していくわけですが、商品が”→”のように移動していく過程で外に漏れていくそうです。, 横流しのタイミングがメーカーに近いほどマージンがなくなり、価格は安くなっていきます。, 商品が横流れしないように工夫しているメーカーもありますが、多くはザルのような状態になっているのが現状です。, サロン専売品が安くなるのは消費者にとっては良いことかもしれませんが、広告塔も担っている美容師にとってはかなり迷惑な話です。, ネット通販を利用していると、安い=怪しい商品と思ってしまう感は否めませんが、サロン専売品ではそのリスクは低いようです。, たしかに偽物を掴まされたといった話もなくはないですが、格安の裏のほとんどは業者のルール違反であり、ブランドものの格安通販と比べて偽物は少ないようです。, 他にも廃盤になった製品なども格安価格で通販されることもあったりと、タイミングによって値段は左右されるようです。, 一見するとほぼ全てのサロン専売品が出回っているようにも感じてしまいますが、実はそうでもありません。, 広告塔であり商品の大量購入者であるはずのサロン側を苦しめるのは、メーカーにとっても良いことではないと判断されているようです。, サロン専売品の名の通り美容室側に配慮して、メーカーからサロンに直接届けることで価格の崩壊がなくなり、メーカーにとってはサロンとの信頼関係もできます。, そのように健全なブランディングを心がけているメーカーさんも増えてきたので、近い将来はネットでサロン専売品を今のような価格では買えなくなるかもしれません。, 実際に比較的新しい人気の商品も、最近メーカー直送になるとのことで契約にサインをしました。, 個人的にはホームケアのニーズが高まってきているように感じるのでこのようなブログを書いているわけですが、本業は美容師なのでどちらも応援しています。, サロン専売品をいつもネットで購入しているあなた!もしかしたら次は安く買えなくなっているかもしれませんよ。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 某ヘアサロンでディレクターを務めた後に地元にて独立。今は一人でお店を経営しています。暇があるとブログを書いてしまう、ややオタクな現役美容師。, 量販店などに向けて開発している製品と、美容室で専門的に扱う製品とで原料や価格も分けられています。, 卸業者からキャンペーンや大量購入などで安く仕入れた商品を、サロンの人がネットなどで販売や横流しをする。. 出典:www.amazon.co.jp. Adorage.フェイスカバー 4,180円(税380円); Adorage.フェイスカバー【3本セット】 12,540円(税1,140円) 【ヒト毛根幹細胞順化培養液配合】バミルアイリキッドセラム 11,000円(税1,000円); Adorage.【フェイスカバー8本セット】 33,440円(税3,040円) 2019年2月、あるサロン専売品のシャンプーなどをインターネットで販売し、不正に利益を得ていた美容師らが逮捕されました。手軽で便利、しかも安価でサロン専売品が手に入るのであれば、ネットショップは購買者にとってメリットは大きいといえます。しかし、サロン側が専売品の転売をするということは、メーカーとの信頼関係を揺るがし、顧客の信頼を損なう事態でもあるのです。 今回は、サロン専売品の転売の現状と対策についてご紹介していきます。, サロン専売品は“専売”という文字通り、通常サロンでのみ販売するためにつくられた商品です。 大多数の人を対象とした市販商品とは異なり、サロン専売品は“美容師が一人ひとりの髪質に合った処方”をします。, 特にシャンプーはサロン専売品と市販商品との違いが顕著です。一般的に市販のシャンプーには、シリコン、界面活性剤、油分など、髪の質感を整えるための、いわゆる『コンディショニング成分』と呼ばれるものが多く含まれ、泡立ちがよく洗浄力も強い商品が大多数です。 そのため、しっかりすすがないと、それらの成分が髪や頭皮に残ってしまい、トラブルを起こす原因にもなります。, そのため、サロン専売品は、なるべく顧客一人ひとりの髪質に合うように細分化してつくられています。 たとえば、軟毛の人が硬毛向けシャンプーを使えば、髪はベタベタになり、毎日洗っているのに不潔な印象を与えてしまうおそれもあります。 そのため、顧客の髪質を熟知している美容師は、その人に合ったサロン専売シャンプーをすすめています。, にもかかわらず、それらがネットで販売されてしまうと、商品と髪質がマッチングしていないため、せっかくの効果も人によっては期待はずれになることもあります。 場合によっては、ネットで「サロン専売品なのに、あまり効果がなかった」などといった口コミが書かれてしまう要因にもなりかねません。そうなると、サロン専売品の価値が下がってしまいます。, また、サロン以外のところで、同じ商品を安値で販売されてしまうと、顧客に売りづらくなってしまいます。, 昨今、サロン専売品のネット販売が、さらに横行しています。 サロンの店長らがネット販売していることもあれば、その逆に、サロンが知らないところで、メーカーがネット販売業者を通して商品を流通させていることも大きな問題となっています。 サロン専売品は、メーカーから取扱業者を通じて各サロンに商品を届けるという流通ルートが一般的です。 問題は、この過程で何者かが一部のネット販売業者やドラッグストアに横流ししている可能性があるということです。, サロンの顧客のなかには、美容師にすすめられたサロン専売品がネットで安く手に入ることを知り、店ではなくネットで購入するという人もいるほどです。 そうなると、顧客の来店時に美容師がせっかく丁寧に商品の紹介をしたところで、時間だけが奪われてしまって説明損というわけです。, さらに、ネットに商品が横流しされていることがわかると、これ以上ほかで流通することを防ごうとサロンに商品を卸す契約を打ち切りにするメーカーもあるといいます。 場合によっては不正流通が発覚するたびに、メーカーや取扱業者との契約破棄が起きることもあるのです。こうなると、サロンにとっても大きな負担です。, 残念ながら現在のところ、はっきりとした解決策は見出されていません。 メーカー、取扱業者、サロンのどの部分で外部に流通しているのか“犯人捜し”をすることはむずかしいからです。, しかし、こうした事態をなるべく回避するために対策を講じることはできます。 まず、ネットで不正流通しているサロン専売品は扱わないようにすることです。 次に、サロンで専売品を購入した人の情報を管理しておきましょう。 なぜならば、最近では、サロン専売品を美容室で購入した顧客が、悪びれもせずフリマアプリなどに出品するケースも問題となっているからです。, 商品の不正流通は、とうてい看過できる問題ではありません。 サロン内スタッフの共通認識として、重要視していく必要があるでしょう。, 〒510-0821 髪は女の命!ともいわれるくらい、髪の毛で人の印象は変わります。 ツヤツヤな髪の毛をキープするには日々のケアが大事ですよね♡ 今回はデイリーアイテムとしてはもちろん、イベント前の徹底ケアにもおすすめなサロン専売のヘアミルクをご紹介します! 前回はサロン専売品のことのお話でしたが、最近人気であるナプラのn.シリーズが今のような価格ではネット通販できなくなるかもしれないらしいとのこと。 なぜかというと、n.のシリーズはサロン専売品だから。 サロン専売品というの … サロン専売品と言うけれど、普通にネットで買えるのはなぜ?しかもサロンで買うより全然安い。 本当その通りだと思います。 でも、もしかしたら今のような値段で簡単に購入できるのは当たり前ではなくなるかもしれません。 要するにサ … 三重県四日市市久保田一丁目6番8号, 〒510-0075 頭皮のかゆみや乾燥にお悩みの方向けのサロン専売品、スカルプヘアトリートメント。 植物抽出成分で、頭皮の環境を優しく整えてくれます。 前回はサロン専売品のことのお話でしたが、最近人気であるナプラのN.シリーズが今のような価格ではネット通販できなくなるかもしれないらしいとのこと。, サロン専売品というのは、量販店ではなく専門家がいるサロンでの購入用に開発されているので、今のようにネットに製品が横流れしているのはメーカーたちにとって悪だと判断されたのでしょう。, この記事を書いた数ヶ月後にN.シリーズが実際に値上がりしてしまい、2年近く経過した今ではサロンで定価で購入した方が安いくらいです。, N.シリーズといえば、カラーシャンプーやヘアバーム、ポリッシュオイルなどの人気商品が有名ですね。, でもそれらの現状は美容室の仕入れの原価割れでネットでは販売されており、メーカーの思惑とは多少ズレがあるようです。, 前回の記事で書いたように、原価を割っているような商品はメーカーとの規約を無視して流通しているものがほとんどです。, N.シリーズを正しい価格で通販されるのは問題ありませんが、今のネット通販の価格はメーカーの規約に違反した社会的リテラシーの低い個人や業者が引き下げたもの。, それを適正な価格に戻そうということで、メーカーからサロンへ商品を直送することになったようです。というのも、先日そういった内容の契約書にサインしました。, そうすることで、価格は適正に戻り原価割れすることは少なくなるはずで、規約に違反する業者の手に商品が渡らなくなるそうです。, 商品の横流しは法律には違反しないようなのですが、個人の成績や小銭稼ぎのために流通をかき乱すのは真面目に販売している人の迷惑になってしまいますね。, ということで、N.シリーズがすぐに今ほど安い価格で売られなくなるわけではないようですが、今後はメーカーからの直送に変更されていくようなので、少しずつネット通販の価格や在庫に影響すると思われます。, なので、今後のN.シリーズのネット通販での価格は定価に近いものになり、取引できるショップの数が減っていくかもしれません。, 個人の意見としても、良品が安価で購入できるのはエンドユーザーにとって嬉しいことではあると思いますが、価格が適正になるのは良いことだと思っています。, サロン側としては、通販すれば原価よりも安く買えることを知りつつ、業者との付き合いを大事にして原価で購入しているわけです。ルールを守った方が損をするのは良いことではないですよね?, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 某ヘアサロンでディレクターを務めた後に地元にて独立。今は一人でお店を経営しています。暇があるとブログを書いてしまう、ややオタクな現役美容師。. 《おすすめのサロン専売品トリートメント④》デミ ビオーブ ヘアリラックストリートメント.