メーカーオプション:レーダーセーフティパッケージ、レザーエクスクルーシブパッケージ、スペシャルメタリックペイント, ボディカラー:セレナイトグレー TEXT●工藤貴宏 (KUDO Takahiro) PHOTO●中野幸次 (NAKANO Koji), ボディカラー:ヒヤシンスレッド 室内空間が明らかに広くなっていることは間違いないです、全高はほぼ197cmと変わらないため, しかしこの車幅ですから、ドアミラーを畳んでも立体式駐車場に入るのかは微妙ですねぇ。, ドライバーズシートに座りインパネ類を見ると、Eクラス・Sクラス並みに豪華で新しいです。, 金庫のようなドアの開閉音は変わらず、ロックがかかるときの無骨なガシャッ音も残してありました。, 旧型に比べると、インパネ類の進化は著しいです。好みもあるでしょうが、実際のGクラスの使われ方を考えると、圧倒的に新型でしょうね。, 現在、メルセデスのSクラス、EクラスやCクラスの新しいモデルに乗られてる方にとっても操作性の違和感は全くないでしょう。, リアシートに乗り込んでみます。明らかに旧型より広いですしシートにはリクライニング機能までついてます。流石にSクラスと違い電動ではないですが。, メルセデスGクラスはリアシートの着座位置が高いのにヘッドクリアランスが凄いあるので後席のパッセンジャーにとっても外が良く見えるので家族受け(特にお子様)は良いでしょうね。新型になって旧型と車高はほぼ同じなのに着座してルーフを見上げると明らかに遠いです。リアシートの着座面からルーフまでの高さが、, 約8cmですがこの差は大きいはずだと思いました。さらにガラス・スライディングルーフが標準ですから開放感があって良いですね。, 新型Gでは後席にリクライニング機能もありますから大人4人乗車でのロングドライブも快適なものとなるでしょう。, そのリアシートの後ろには広大なカーゴスペースがあります。容量自体は旧モデルの方が大きいようですが、家族4人の長期バカンスでも余裕の積載能力かと。旧モデルに比べるとホイルハウスの出っ張りが高いのは気になりますが、むしろトランクなら積みやすいかと思います。, トラック感がない。これはオンロードの走りも期待できるなぁ。ドライバーを務めてくれたスタッフによると、ハンドルもすごく軽いそうです。, これは万能車としてプレミアムクラスのEクラス等のステーションワゴンを食うのでは?という出来栄えですね。, これやってると外苑東通りに車に縁遠そうなギャラリーが群がり写真をパシャパシャと撮ってます。いい宣伝になりますよねぇ。, この360度カメラ、こういう悪路のシチュエーションでもきっちり役立ってくれそうです。, 新型Gクラスは間違いなく売れるでしょうね。強いてネガをあげるとしたらサイズによる駐車場事情かな。, 都内チョロチョロ走りで見栄を張りたいならG63でしょうが、G550とそこまで外観の違いは感じませんからG550でしょう。, つまり一回満タンして何キロ走れるのかという長距離走る人の観点だと、G63は論外だしG550は旧型より軽くなってるのでちょっと期待はしてるのですが。, フェラーリ、ランボ、ポルシェ等のスポーツカーとの2台持ちの1台として、これは最高の相棒になるかもしれません。, 〇〇歳、フェラーリを買う w フェラーリ正規ディーラーでの試乗とは? 812GTSの試乗で感じたこと. 自動車ライターとして生計を立てて暮らしている、単なるクルマ好き。 「最上レベルまでブラッシュアップされた世界基準」 構成部品の約半分にもおよぶ、6500ヵ所もの改良を施して大幅にアップデートされた最新のcクラス。ここでは主力のセダンを中心に、ステーションワゴンも加えて室内の使い勝手をチェックしていこう。 気になってた メルセデスのNew Gクラス 六本木の「G-Class Experience」で体験して来ました。 まずはパッと見ですが、新旧モデルの違いは、Gに詳しくない人には 全くわからないでしょう。 ちょっと乗り込んでみて、ドライバーズシートに座ってまず感じるのは、 デカくなってる。 メーカーオプション:レーダーセーフティパッケージ、レザーエクスクルーシブパッケージ、AMGライン、パノラミックスライディングルーフ、他, SクラスやEクラスといった上位モデルに続き、ついにCクラスも全面液晶のメーターパネルを手に入れた。全面液晶パネルを採用することの最大のメリットは、表現の自由度の高さ。右、左、そして中央と3つのエリアで各項目を表示する。中央は従来同様のマルチディスプレイを組み込み、さまざまな車輌情報はそこに表示。, メーターのテーマは3タイプに切り替え可能。アンバーの文字が特徴の「スポーティ」(写真上)、精悍な印象の「クラシック」(写真下左)、そしてデジタル感が強く斬新な「プログレッシブ」(写真下右)を用意。好みにあわせて選ぶことができる。. 構成部品の約半分にもおよぶ、6500ヵ所もの改良を施して大幅にアップデートされた最新のCクラス。ここでは主力のセダンを中心に、ステーションワゴンも加えて室内の使い勝手をチェックしていこう。最大のトピックは、刷新されたメーターまわりとワイドディスプレイを組み合わせたインフォテインメントシステムだ。 FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ば... その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 新型ルノー・ルーテシア | いきなりBセグハッチバックの「優等生」 この一台ですべてこなせる. ‚闝—R‚ð‹³‚¦‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, 「最上レベルまでブラッシュアップされた世界基準」 先日、初めて家族4人、2泊3日でディズニーランドに行ってきましたがおみやげかったりして結構いっぱいでした。 荷物は送ればいいんでしょうけど、試してみたくて…。 やはり、1~2人くらいでゆっくり出かけるのがいいですね-。 大学在学中の自動車雑誌編集部アルバイトを経て、1998年に月刊新車誌「XaCAR」の編集部員となる。その後、編集プロダクションや電機メーカ... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。. 緊急時でもないのに高速道路で堂々とUターン! この強引なおまわりさんは実在する!?