あなたが痛いのは膝のどの辺ですか? 膝の内側ですか?それとも 皿の周りですか?   それを教えて頂くと10,000人超の実績から あなた... 腰痛が起こりやすい筋肉(1)脊柱起立筋 腰痛が起こり安い筋肉をご紹介します。 腰痛の80%くらいはこれらの筋肉に起こっています。 あなたの腰... 『腰痛が良くならない』、『病院で診察を受けてもレントゲンで問題なしと診断され、湿布を渡されるだけで一向に痛みは消えない』、そんな体験をしたこ... 背骨が痛い場合の原因は多裂筋にあり。多裂筋とは背骨の両側に位置する筋肉であり、これらが背骨を支えています。この筋肉が傷むと、背骨周りの痛みが... 膝(皿)の下が痛い場合の原因     膝下の痛い部分を確認すると、写真のような感じで痛んでいるのが分ります。押圧すると分ります。実際は個... 湿布を貼っているのに、痛みが改善しないことってありませんか?病院に処方された湿布でもほとんど効かない、痛みが引かないということがあると思いま... 皿の上は「中央広筋」「内側広筋」「外側広筋」という3つの筋肉あります。この3つの筋肉は膝関節の伸展に強く関わっています。膝の上が痛い場合は、とくに, スポーツの最中に膝の上(皿の上)に痛みを感じたら、トレーニングを中断してスポーツ障害で評判の整体や整形外科で診てもらいましょう。適切な処置をすぐに行わないと, スポーツ障害は病院で診てもらっても解決しない?!〜ボールが思うように投げられない悩み改善談〜, 背中の全体が痛い!コルセットをしても改善しなかった痛みをアッという間に解消した方法とは?, 湿布が効かない?湿布で腰痛が消えなかったKさんが、痛みをアッという間に改善した方法. 正常な状態では、走っているときに膝蓋骨(膝の皿)は大腿骨の上や下に動いています。膝蓋骨に痛みが生じる理由としては、太ももの筋肉が弱いことや、足が過度に内転(回内)していることがあります。 また、太モモの前後の筋力のアンバランスなどが原因になることがあります。 ランニングというのは、ジャンプ動作の繰り返しなので、そこに負担がかかるとお皿の下の膝蓋腱に炎症を起こしやすいのが特徴的です。, 大腿四頭筋の柔軟性の低下や下肢のアライメント異常。 膝上の痛い部分を確認すると、写真のような感じで痛んでいるのが分ります。(押圧すると分ります)そして多くの場合、太腿全体まで痛んでいます。, 皿の上は「中央広筋」「内側広筋」「外側広筋」という3つの筋肉あります。この3つの筋肉は膝関節の伸展に強く関わっています。膝の上が痛い場合は、とくに「中央広筋」接続部分が痛んでいる可能性が大です。, 丁寧に確認すると、痛みは太腿の方まで及んでいるケースがほとんどです。筋肉が硬くなって、正常に伸びない状態になっています。, これまで何人も「膝が痛い」と悩んでいる人を診てきましたが、「膝が痛い」と一言で言っても具体的に膝のどの部位が痛いのか?ここをしっかりと見極める必要があります。, 膝の皿の上が痛いのか?外側が痛いのか?内側が痛いのか?裏側が痛いのか?部位によって原因と対処法は異なります。, 膝が痛いと言って当院に来られる方のほとんどが整形外科や病院で「変形性膝関節症」と診断されたという方が多いです。「変形性膝関節症」とは主に加齢が原因で膝の軟骨がすり減り、膝を動かした時の衝撃を吸収することができずに強い痛みを感じる症状のことです。, ですが、膝が痛いと来院される方の中には20代〜30代の若い方もいらっしゃいます。若い方が加齢が原因で軟骨がすり減って膝を痛めるということは考えにくいです。, そういった方に多いのが膝の上(皿の上)を痛めているケースです。膝の上(皿の上)が痛い原因は大腿四頭筋と呼ばれる太腿の前面にある筋肉が痛んでいることがほとんどです。, 膝の上(皿の上)を痛めてしまう人は太腿の筋肉(大腿四頭筋)をバスケットボールやバレーボールといった、ジャンプの動作がある競技の中で使いすぎているか、もしくは筋肉の柔軟性が低下した状態で無理に筋肉を動かして炎症を起こしているケースです。, 大腿四頭筋の中でも、膝の上(皿の上)が痛いという方は膝の上にある、膝の皿を動かしている「中央広筋」を痛めている可能性が高いです。, 特にもともと筋肉量の少ない女性がバスケットボールやバレーボールなど、ジャンプの動きが多いスポーツをしていると大腿四頭筋を痛めて、膝の上(皿の上)あたりに痛みがでる可能性が高いです。, スポーツの最中に膝の上(皿の上)に痛みを感じたら、トレーニングを中断してスポーツ障害で評判の整体や整形外科で診てもらいましょう。適切な処置をすぐに行わないと慢性的な膝の痛みを抱える原因になります。また、歳を重ねていくと歩くのもしんどくなる痛みに襲われる可能性も高まります。, 普段の生活で膝の上(皿の上)に痛みを感じた場合は極力移動を控えて、「患部を温める」「ストレッチをして太ももの筋肉をほぐす」などの処置をする。それでも痛む場合は整体や整形外科で早めに診てもらいましょう。, そういった方は当院に同じ悩みを抱えて来院された患者さまの症状を改善させたイオンパッチがおすすめです。, 膝痛で手術は必要?〜膝の軟骨がすり減っていても手術せずに痛みを改善できたMさんの体験談〜. 足裏タッチ ~全身の連動性を高めて脚の動きをなめらかにする〜, イベント 膝の上(皿の上)を痛めてしまう人は太腿の筋肉(大腿四頭筋)をバスケットボールやバレーボールといった、ジャンプの動作がある競技の中で使いすぎているか、もしくは筋肉の柔軟性が低下した状態で無理に筋肉を動かして炎症を起こしているケースです。 こる原因と部位、予防法など, 病院で行われる骨折の治療法 - 保存的治療と手術的治療, 家庭でできる骨折の予防になる運動・ストレッチ, 変形性膝関節症には運動療法が効く 歩行(ウォーキング)で筋力アップ, 変形性膝関節症による膝の痛みには電気治療(低周波治療器)が効果的, 電気治療(マイクロカレント、TENS)による肉離れ・打撲・捻挫への対処|, スポーツ障害の急性期の痛みに効く応急処置「RICE(ライス)処置」の基礎知識, スポーツ障害の急性期の痛みを和らげる電気治療(マイクロカレント、TENS), スポーツ障害による慢性的な痛みに効く電気治療(マイクロカレント、TENS), スポーツ障害による慢性的な痛みを改善する3つの対策 ストレッチ・食事・睡çœ, 電気治療とは何か?効果・種類 - 電気治療を知るâ‘, 低周波治療とは何か?効果・歴史 - 電気治療を知る②, マイクロカレントとは何か?低周波治療との違い - 電気治療を知る③, 症状別 電気治療器の選び方 肩こり・スポーツほか, マイクロカレントの効果と使用例, 低周波治療が痛みに効くしくみ - ゲートコントロール理論と血行促進, 低周波治療器 部位別の効果的な使い方, 低周波治療器と高周波治療器の違い – 周波数・特徴・効果, スポーツによる急性の痛みはこちら, スポーツ:急性の疾患・症状はこちら, スポーツ:急性の対策・改善はこちら, スポーツによる慢性の痛みはこちら, スポーツ:慢性の疾患・症状はこちら, スポーツ:慢性の対策・改善はこちら. では、さっそく膝のお皿の上が痛い原因について解説していきます。 膝のお皿の上にあるものは? もちろん、神経性の痛みや全身性の痛みなど、それ以外のこともありますが、大抵は. 膝上、膝前面の痛み; 初期段階では、運動後に膝のお皿の上、膝の前面が痛みます。 医療機関に従事しながら、これまで生活習慣病に関してや健康のための運動、筋力トレーニングについて等、健康やからだに関する内容を中心に数多くの記事を執筆している。, 膝の痛みの中でも、膝の前面、内側、外側、後面など、痛みの出る箇所は人それぞれです。, 膝の痛みがある方、痛みを予防したい方、スポーツをしている方はぜひ“膝のお皿”の痛みの予防・改善に役立ててみてください。, 膝蓋骨は、上部は大腿四頭筋(太ももの前面)とつながり、下部では膝蓋腱(しつがいけん)を通じて脛骨(すねの骨)につながっています。 膝をまたいで上部と下部の動きを連結させるために重要な役割を果たしています。, 膝の痛みの中でも、膝のお皿つまり膝蓋骨が痛くなることが少なくありません。 膝蓋骨の痛みは、脱臼が原因となっていることが多くあります。, 膝蓋骨は本来であれば膝の真ん中に位置しているはずですが、衝撃が加わることで位置がずれてしまうことがあります。 多くは外側にずれて脱臼してしまうことが多いようですが、これは膝蓋骨を外側に引っ張る強い力が加わることによって発症します。, 膝蓋骨の脱臼は、生まれつきの膝蓋骨や大腿骨の形状によって発症しやすい人とそうでない人に分かれます。 例えば階段や坂道の上り下りやジャンプの着地など、強い衝撃が加わるときに大腿四頭筋の働きで横にずれてしまうことがわかっています。, 膝蓋骨は、上部は大腿四頭筋と、下部は膝蓋腱がつながって膝を構成しています。 脚の前面と後面、上部と下部などの筋力のバランスが保たれていることでこの位置が保たれています。, そのため、例えば大腿四頭筋が著しく筋力が強い場合、上の方へ引っ張る力が常に強いことになります。 本来であれば同じだけの下に引っ張る力が加わっていなければバランスがとれませんが、常に上に引っ張られている状態だと膝蓋骨に負担がかかってしまいます。, そのため「膝の痛みの予防のために・・・」とレッグエクステンション(椅子に座って、曲がった膝を伸ばす動作)やシシースクワットなど、大腿四頭筋を鍛えるトレーニングばかり行っていると、膝の痛みの予防どころか、痛みを引き起こす原因をつくってしまうことになるのです。, ここで重要なポイントは、この中でどれか一つだけを鍛えてしまうと、筋バランスが悪くなり、膝の痛みの悪化につながってしまうということです。 前面の筋肉を鍛えたら、必ず後面の筋肉も鍛えるということを忘れずにトレーニングを行ってみてください。, 大腿四頭筋は、膝を伸ばすときに使われます。 そのため、椅子に座って膝を曲げて足を床へ下ろしている状態から、膝を伸ばすように動かします。, 足首に重りをつけたり、トレーニングマシンなどで負荷をかけられるとさらに筋力は高まりやすくなります。, 注意点は、膝を180度まで伸ばしきると過伸展といって膝関節に負担がかかるため、少し膝に余裕があるくらいで動きを止めるようにします。 この動きを15回程度くり返し行います。, 筋力が弱くなっている場合は膝を曲げるだけでも効果はありますが、筋力を効率的に高めたい場合は、太ももの裏にタオルなどをはさみ、そのタオルを押しつぶすように膝を曲げると力が出やすくなります。, つりそうになったらすぐに休憩をとるようにしますが、この動きも15回程度くり返し行います。, 腓腹筋はつま先を伸ばす底屈動作で使われます。 動きとしては、立っている状態で、膝を伸ばしたままつま先立ちをするような形です。, バランスがとりやすいように壁に片手をつき、つま先立ち→かかとを床にゆっくりおろすという動作をくり返し30回程度行うとよいでしょう。, 負荷をかけたい場合は誰かをおんぶして行ったり、片足ずつ行うと効率的に筋力を高めることができます。 ポイントは、膝を伸ばしたまま行うことです。, 前脛骨筋は、腓腹筋の反対、つま先を手前側に曲げる背屈動作で使われます。 前脛骨筋が弱くなっているかどうかのチェックに、和式トイレを使うときのように、しゃがみこみができるか挑戦してみてください。, かかとをつけたまま、下までしゃがみこむことができれば、前脛骨筋の筋力が衰えていないことがわかります。 しゃがみこみを数回行うだけでも、前脛骨筋の良いトレーニングになります。, 膝蓋骨は脱臼や筋力のアンバランスで引き起こされることが多いため、予防のためには筋力トレーニングがとても効果的です。 日常生活やスポーツ場面で膝に負担をかけることのないよう、トレーニングで膝まわりの筋肉を鍛えておくようにしましょう。, 柔道整復師 CSCS(NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト) 救命技能認定, コラーゲンが関節痛にも効果的って本当なの?!その理由とはいったい何なのでしょうか?.