爪の形には個性が出るものですが、そんな爪が、明らかにへこんでいたり、横筋やでこぼこが出てしまっていたりすると、「何かの病気では?」と不安になってしまいますよね。では、爪のでこぼこ、横筋は何が原因になって起こるものなのでしょうか?実は爪は、健 足の親指のつめに横に線が入ってて少し段になってます。両方親指で右に1本左に2本で数年前からたまになります。どうしてそうなるのですか?原因はなにですか。それと親指や他の足や手のつめに薄い白い縦線や横線が入ってます。 爪のトラ "爪は体の窓"と呼ばれていて、健康状態を表すサインが出やすい場所。最近では、爪の専門外来も増えているなど注目されています。「爪に横線が入っている」「二枚爪」「爪が沿っている」など、気になる爪からの危険信号、正しく知っておきましょう(この差って何ですか? 稀にストレスによってそういった症状が起こることもあるので、このようなへこみは「体からのSOSサイン」と捉え、心と体を労わってあげると良いでしょう。, 基本的に、このような爪のへこみの予防法としては、しっかり栄養をとって規則正しい生活を心がけることと言えます。 爪の形には個性が出るものですが、そんな爪が、明らかにへこんでいたり、横筋やでこぼこが出てしまっていたりすると、「何かの病気では?」と不安になってしまいますよね。 また、熱いお湯で洗い物などをすると、どうしても乾燥が進みやすくなりますので、できるだけぬるま湯を使うようにしましょう。, 爪やお肌にかかる負担をできるだけ軽減するために、ゴム手袋を用いるのも1つの方法ですね。 また、へこみが全ての指に見られるような場合には、病気である可能性もゼロではないので、できるだけ早く皮膚科を受診しておきましょう。. 質の良い睡眠をしっかりとること。 爪のへこみの症状と原因. 朝起きたら顔がむくんでいた、夕方になると靴下のゴム跡が足首につくなど人によって様々ですが、通常は時間とともに解消していきます。また、指や爪でむくんだ部位を押すとへこみますが、すぐに戻ります。, 放っておけばそのうち治る、というものでもなさそうです。むくみを起こしやすい人は少なくありません。リスクにならないよう、覚えていきましょう。, では足のむくみがどのようにして発生するのか、基本的なところから考えていきましょう。, 人の体は、約60%が水分です。その内訳は、細胞内液が40%、細胞外液が20%で、これをさらに分類すると血液5%、組織間液が15%です。この組織間液に水分が多くなるとむくみとなります。, 血管には、とても細い毛細血管がありますが、その壁には穴が開いているため、水分が漏れ出します。この水分はまた再吸収されて静脈に戻り、入りきれなかった水分はリンパ管へと運ばれ、そこで栄養の再分別が行われます。, ところが水分が多すぎると、どちらにも入りきれなくなり細胞間に残ってしまいます。これがむくみとして現れます。, 人の肌は上から薄い層が積み重なった表皮、真皮、皮下組織でできていますが、水分は主に皮下脂肪のスキマに溜まります。, むくんだ部位を押すと、水分が移動するためへこみますが、またもとの状態に戻ります。クッションを押すとへこみ、離すと元に戻るのと同じですね。, このようにむくみが起きても、体内で水分調節が行われ、汗や尿などで体外に排出されればむくみは解消されます。, これは本来、からだから出ていくはずの水分と塩分が貯まったままの状態を表すことが多く、心臓、腎臓、肝臓のいずれかが上手く機能していない可能性があります。, 体内では、心臓をポンプ役にして動脈が血液(エネルギー)を送り出します。そして静脈では、全身に行き渡った血液を心臓に戻す役割をしています。, このポンプが上手く働かないと、血液循環がきちんと行われず、水分が滞ってむくみを起こします。, 心臓に戻る血液には、途中でガスや老廃物などが入り込みます。そこで、戻ってきた血液は腎臓でろ過され、体に必要のない老廃物などを尿に送り込み、体外に排出するのを助けています。, 腎臓のろ過システムが低下すると、老廃物が尿に送り込まれなくなり、送られても必要なタンパク質などが一緒に尿として流されてしまうなどの障害が起こります。, そして肝臓は、食べたものを分解してエネルギーに変えたり、タンパク質を作ったりしています。アルブミンというタンパク質で、これは血液中の水分を一定に保つ役割を持っています。, このタンパク質が減少すると、水分が血管の外に出やすくなってしまい、むくみを引き起こします。, このような内臓の機能低下によるむくみの場合、むくみ以外の症状も出ていることがあります。, 体重が増えた、眠気やだるさが続く、冷えを感じる、汗が出ない、胸が痛い、動悸・息切れ、尿の出が悪い、尿の色が濃い、泡が出るなど、これまでなかった症状が出てくる場合は、早急にかかりつけ医や専門の医療機関に相談してください。, また急にむくみが出た、重い痛みがある、足のむくみで左右の状態が異なる、といった場合も危険なサインです。, 放置すると重症化してしまう可能性もあるので、少しでも疑わしいときは医療機関で診察を受けてください。, むくみは、もちろん全て体の不調を訴えるサインというわけではありません。単純に水分を取り過ぎればむくみますが、自然と元に戻ります。むくみの程度、頻度、尿の濃度などをチェックしておきましょう。, むくんだときは、軽い運動、マッサージなどをすると改善しますし、足がむくみやすい人は弾性ストッキングなどを利用するとある程度回避できます。, 1日の水分摂取量もチェックしておきましょう。人は汗や尿、蒸発で水分を失うため、1日に2リットルくらいの水分を必要としますが、食事に含まれる水分も合わせてなので、それ以上になるとむくみを発生させることがあります。, 生活環境や体質にもよります。外で働く人は2リットル以上、冷暖房のあるオフィスで働く人は、1~1.5リットルで十分とされています。, また、一度に大量の水分を取ると、胃腸に負担をかけてしまいます。働きが低下して下痢などを引き起こすので注意しましょう。1日に少しずつ水分を補うよう心がけてくださいね。, 朝起きたとき、コップ1杯の水を飲んでおくとよいですよ。便通を促すと胃腸の働きが活発になり、体内の水分のバランスが整うのでむくみが予防されます。朝は1日の始まり、調子がよいと全て上手くいきますよ!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, きっこです。楽しく生活するためのヒントを探して実践しています。ティラミスを作るのも食べるのも大好き。1児の母。. ただし、あくまでも「へこんでいる部分が作られた時の体調」が原因となる爪のへこみですので、目立つ部分まで生えてきた時には、すでに体調は改善されている可能性もあります。, このような爪のへこみで、よくあるのは鉄分や亜鉛、タンパク質といった栄養素が一時的に不足してしまったことです。 ここのところずっと更年期症状が酷く、特にホットフラッシュの症状がどんどん加速していく感じ…。そこで「ホットフラッシュ」について調べた事や経験したことをまとめてみました。ホットフラッシュに速攻で効くツボもご紹介しています。... むくみは日常的に起こる現象で、そんなに心配するものではなく、殆どは以下のようなものが原因, 自律神経が乱れると流れが悪くなり、老廃物と水分が末端細胞のある手や足にたまってむくみやすくなってしまう, 横隔膜が下がり、お腹の筋肉が収縮して、お腹に通っている静脈やリンパ管が押されます。, そして息を吐き出すときには、圧力が弱まり、静脈やリンパ管に血液やリンパ液が勢い良く流れ、それによって、, https://tamakosan.com/wp-content/uploads/2019/05/9c83d5a6775dbfb6352e7880bc771518.jpg, 見返りを求めることは本当に悪いことなのか?自己満足の愛情でもいいじゃない!人間だもの。. 簡単に言うと、「爪が大きく波打ったような状態」ですね。, このような状態は、爪甲横溝と呼ばれます。 これは、病気や栄養失調、体調不良などがあった時に、爪の成長が一時的に悪くなった結果、起こってしまうへこみです。 これらの点が挙げられます。, 爪に縦線のでこぼこができてしまう場合、その原因は主に老化と乾燥であると考えられています。 爪の根元から先端に向かって波打つようにできている凸凹。 横線もうっすらと見 … 足のむくみで、へこみが戻らないことがあります。朝起きたら顔がむくんでいた、夕方になると靴下のゴム跡が足首につくなど人によって様々ですが、通常は時間とともに解消していきます。また、指や爪でむくんだ部位を押すとへこみますが、すぐに戻ります。 ゴム手袋は、不衛生になると手肌にも良くないので、こまめに清潔な物に取り換えるようにしてください。, それから、手が濡れた時には、すぐにタオルなどで水気を拭き取り、保湿を行うことも大切です。 もう歳だから…と楽な方に逃げようとする自分に喝を入れ、50代をイキイキと過ごすためにこのブログを始めました。これからは自分が主役!50代のまだまだこれから!を応援します!. ですが、中にはストレスや栄養不足など、いずれ病気を引き起こすリスクを高めてしまうような原因が潜んでいる爪のへこみもあることを忘れてはいけません。, 爪にへこみを見つけたら、栄養状態や生活習慣を見直す良い機会と考えましょう。 まずは皮膚科で、爪の症状を診てもらいましょう。, 爪のへこみで、横線のでこぼこというパターンもありますよね。 考えられる病気としては、貧血や糖尿病、痔、円形脱毛症などが挙げられます。 これは、爪そのものにダメージを与えた場合と、栄養不足によるものとが考えられます。, 爪は根本にある爪母という部分で作られるのですが、どこかにぶつけてしまったり、誤った甘皮の処理を何度も続けていたりすると、ここでうまく爪が作られなくなってしまいます。 前回の記事「ホットフラッシュの症状は年齢で違う?対策と速攻で効くツボは?」で、更年期に効果的なツボをいくつかご紹介しましたが、先日、その中の一つ、足の脛の内側のツボ「三陰交(さんいんこう)」を仕事中に押していたら…。, 急に心配になってきて仕事どころじゃございません!ってことで、いろいろ調べてみました。, こんにちは。50代の星になりたい★アラフィフブロガーたま子(tamakosan06)です。, 更年期に効果的なツボ「三陰交」とは、足の脛の内側のツボで、くるぶしから指4本分上に行ったところにあります。, むくみは 「浮腫」とも呼ばれていて、皮膚の下の組織に水分が溜まってしまった状態のことを言うそうです。, 通常、細胞内で不要となった水分やタンパクは血管やリンパ管に戻ってきて、再び体内を循環します。, しかし血液やリンパの流れが悪くなると、戻ってくるべき水分が細胞内に溜まってしまい「むくみ」となって現れるのだそうです。, 要するに、足の脛のへこみが戻らなかったのは、血液やリンパの流れが悪くなって、足がむくんでいた!ということですね(ToT), むくみは日常的に起こる現象で、そんなに心配するものではなく、殆どは以下のようなものが原因と考えられているようです。, その記事は現役ドクターが書かれたものだったのですが、更年期にむくみが出やすくなるのは筋肉と自律神経が関係しているそうなのです。, なので、自律神経が乱れると流れが悪くなり、老廃物と水分が末端細胞のある手や足にたまってむくみやすくなってしまうのだそうです。, そのため、上半身はホットフラッシュで熱くなるのに、下半身や指先などの末端は老廃物と水分が貯まってむくみやすくなり、それが冷え性にもつながってしまいます。, また、加齢による筋力の低下によってもリンパの流れが悪くなって「むくみ」が起こりやすくなるんだそうです。, 私も、ホットフラッシュで、上半身は燃えるように熱くなるのに、足の方はいつも冷たいんですよね~。, 私の場合、おそらくは、「自律神経の乱れと筋力の低下」によって、まさに「むくみ」が出やすい状態そのものになっていたんですね。, ちなみに、妊娠中もむくみやすくなると言われていて、放置していると「妊娠中毒症」に繋がることもあるそうです。, その場合はカリウムを摂取するのがおススメだそうですが、産前産後に必要なカリウムはおよそ2600mg(厚生労働省発表「日本の食事摂取基準2015年版」より)で、バナナ5~6本分になるそうです。, これだけのカリウムを食事でとるのは大変なので、妊娠中や授乳中にも安心して飲めるサプリメントなどを上手に活用するのもよいようですよ。, 前述したように、むくみは日常的に起こる現象で、そんなに心配するものではないとの事ですが、中には大きな病気が隠れていることもあるそうです。, なので、「むくみ」を感じたら、まずは、全身にむくみが起きているのか、部分的にむくんでいるのかを 確認することが大切なんだそうです。, 足だけでなく、全身のむくみがある場合には、肝不全や貧血といった病気である可能性があります。, 甲状腺の機能が低下すると極度の冷え性、体のだるさ、うつ状態、関節痛や便秘、抜け毛といった症状がでるそうです。, むくみがへこまない上に、声が低くなった、出しにくい、といった症状が出ていて体調不良を感じたら要注意です!, 血液がしに溜まってしまう血管の病気「下肢静脈瘤」が原因で足がむくむことがあるそうです。, 静脈にある血液の逆流を防ぐ役割をしている「静脈弁」は、非常に薄く壊れやすいそうで、「静脈弁」が何らかの原因で壊れると血液が逆流し、「下肢静脈瘤」を引き起こします。, 悪化すると、汚れた血液が足に溜まり、静脈の中の圧力が高くなることによっておこる炎症で、様々な症状がおこるんだそうです。, 「足がむくむ」「ふくらはぎの血管が気になる」場合には、早めに病院を受診した方が良いようです。, 大きな病気が原因ではなく、日常的に起こるむくみだったとしても、足がむくんでいるということは血液やリンパの流れが悪いという証拠。, 日常生活でもなるべく足の筋肉を使うように心がけることが、むくみ解消につながります。, ②椅子に座ったまま、足先を遠くに伸ばしたり自分の体の方に向けたりしてふくらはぎの筋肉を刺激する, リンパの流れが悪くなるとむくみだけでなく、足がだるくなったり、疲れやすくなってしまうそうです。, 足の鼠径(ソケイ)部、ひざ裏のリンパ節、ふくらはぎなどを優しくもみほぐしてから、足元から心臓に向かって手の平でさすっていきます。, ランスタッドHP【動画付!簡単リンパマッサージのやり方】足のむくみを解消して美脚になる!, 前述しました通り、血液やリンパの流れを調節している自律神経が乱れると老廃物と水分が貯まってむくみやすくなります。, また、自律神経の乱れは更年期症状を悪化させます。 (私の場合、自律神経失調症状=更年期症状と言ってもいいくらいです。), 以前、このブログでもお伝えしましたが、自律神経を整えるためには深呼吸をすることがとても効果的です。, https://tamakosan.com/jiritusinkei-kokyuuhou/, また、腹式呼吸をすると横隔膜が下がり、お腹の筋肉が収縮して、お腹に通っている静脈やリンパ管が押されます。, そして息を吐き出すときには、圧力が弱まり、静脈やリンパ管に血液やリンパ液が勢い良く流れ、それによって、むくみ改善が期待できるそうです。, 深呼吸、腹式呼吸を意識することで、むくみも自律神経の乱れも改善できるなら、毎日忘れず意識したいですね♪, 調べてみると、今はむくみ解消のための漢方とか↓こういうサプリとかが沢山出回っているんですね~。, でもサプリは続けないと効果が出ないし、結構高いしね~というあなたにおススメなのが「着圧ソックス」ですね~♪, 私の知り合いも「着圧ソックスを使ってみたら思っていた以上に足がスッキリしたよ!」と言ってたので、私も使ってみようと思ってます。, こちらのレッグドレナージュというソックスは今まで着圧靴下を試してきたけど満足できなかったという人からの口コミが良いです。, 足を動かしたり、リンパマッサージをしても全くむくみが改善しないという方は、漢方やサプリ、着圧ソックスなどのグッズも上手に利用してみましょう♪, 放っておくと足が太くなったり、体がだるくなったり、様々な影響が出る場合もあります。, やっぱり、むくみ解消には、筋肉を動かす、リンパを流す(マッサージする)が基本だと思いました。, 「まっ、いいか~」と思うか、「いやいや、体を動かそう!」と意識するかどうかが、カッコよく元気でいられるかどうかの分かれ道だと、50歳のたま子さんは自分に言い聞かせております!, 日ごろの習慣を少しだけ意識して、いつまでも綺麗で元気なアラフィフを目指しましょう♪. 爪のへこみ方には大きく分けて5つほど種類があります。 1.爪甲横溝(そうこうおうこう) 症状. 【スポンサードリンク】 昔から、『爪は、身体のバロメーター』と言われているように爪のでこぼこや色で、身体の健康状態がわかります。 足の親指にも出やすい爪のでこぼこした症状の原因は一体何なのでしょうか? また、治し方はある・・・ 足の脛のへこみが戻らない!原因は「むくみ」?! こんにちは。50代の星になりたい★アラフィフブロガーたま子(tamakosan06)です。 更年期に効果的なツボ「三陰交」とは、足の脛の内側のツボで、くるぶしから指4本分上に行ったところにあります。. そこで、そんな気になる爪のへこみやでこぼこ、横筋などの症状について、原因と予防法を紹介していきます。, まず、1つだけの爪が1カ所だけぺっこりとへこんでしまっているような状態の「爪のへこみ」があります。 栄養が不足した分、爪の成長がうまくいかず、その部分だけがへこんでしまったというわけですね。, また、中には風邪などの感染症により、その部分の成長が悪くなり、へこみを生じることもあります。 爪もお肌と同様、年齢を重ねれば傷みやすくなりますし、乾燥すればダメージを受けてしまいます。, 縦線のでこぼこの予防法・対策法としては、ハンドクリームだけでなく、ネイルオイルも用いて爪周りを丁寧に保湿することが挙げられます。 こまめに保湿を行うことで、爪の老化を防ぎ、縦線の入らないつやつやの爪を目指しましょう!, 爪のへこみの原因は、基本的には大きな病気の心配が少ないものばかりです。 では、爪のでこぼこ、横筋は何が原因になって起こるものなのでしょうか?, 実は爪は、健康のバロメーターとも言われており、体の健康状態が現れやすい部分でもあります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 埼玉生まれの埼玉育ち。現在も埼玉在住のアラフィフブロガーです。 また、栄養不足や不規則な生活によって、爪母の役割が妨げられてしまい、横筋のある爪が生えてきてしまうこともあります。, このような横線のでこぼこの予防法としては、タンパク質やビタミンをしっかり意識して摂取すること。 感染症などによる一時的な症状ということも考えられるので、あまり深刻に考える必要はないでしょう。, ただし、このような爪のへこみが、1本の指だけでなく、全ての指に出ている場合は病気の可能性があるので、注意が必要です。 ある日、ふと気づくと手の指や足の指の爪にへこみを発見して「あれ?」って思うことがあります。これは一体何?何かの病気?このまま自然に治るのか?それとも病院に行くべきなのか?昔から爪は健康のバロメーターと言われていますが、手にしろ足にしろ爪にへ 甘皮の処理は丁寧に、はみ出た部分だけを処理するように気を付けること。