0000011750 00000 n �S/U}ט�d�,%48�� �! 0000002551 00000 n trailer <]>> startxref 0 %%EOF 679 0 obj <>stream 0000005926 00000 n 0000002386 00000 n 0000203330 00000 n 加熱vs磁気特性データを紹介することができます。, 無電解ニッケルーりんめっきのりん含有量が増えるにつれて抵抗値は大きくなります。 (d0 ニッケル(蘭: nikkel, 英: nickel, 羅: niccolum)は、原子番号28の金属元素である。元素記号はNi。, 名称はドイツ語のKupfernickel(悪魔の銅)に由来する[3]。これは、ニッケル鉱石である紅砒ニッケル鉱(NiAs)が銅鉱石に似ているにもかかわらず銅を遊離できなかったために、坑夫たちがこう呼んだものと言われている。, 地殻中の存在比は約105 ppmと推定され、それほど多いわけではないが、鉄隕石中には数パーセント含まれる。特に62Niの1核子あたりの結合エネルギーが全原子中で最大であるなどの点から、鉄とともにもっとも安定な元素である。岩石惑星を構成する元素として比較的多量に存在し、地球中心部の核にも数パーセントが含まれると推定されている。, 銀白色の金属で、鉄族に分類される。原子量は約58.69である。常温で安定な結晶格子は、面心立方格子(FCC)である。また、鉄よりは弱いが強磁性体で、キュリー点は350 ℃であり、鉄族元素としてはもっとも低い。, 銀白色の光沢ある金属であり乾燥した空気中では錆びにくいが、微粒子状のものは空気中で自然発火することもあり、細いニッケル線は酸素中で火花を出して燃焼する。水素よりイオン化傾向がやや大きく、塩酸および希硫酸に徐々に溶解し、緑色の水和ニッケルイオンを生成するが、その反応はきわめて遅い。酸化作用を持つ希硝酸には速やかに溶解し、濃硝酸では不動態を形成する。アルカリに対しては比較的強い耐食性を示す。, 微粒子状の金属粉末は水素および窒素ガスなどを吸蔵し、水素付加反応を活性化させる作用を持ち、融解状態でもこれらの気体を吸収し、凝固時にその大部分を放出するため表面が巣穴になりやすい。また、鉄と同様、融解状態では炭素を6.25パーセントまで溶解し、凝固するとグラファイトを析出する。, 50 - 60 ℃で微粉末状のニッケルに一酸化炭素を反応させるとテトラカルボニルニッケルを生成し、これを200 ℃に加熱すると分解してニッケルを生じる。この反応は、モンド法と称し、ニッケルの精製に用いられる。, 光沢があり耐食性が高いため、装飾用のめっきに用いられる(単純な耐食用途ならクロメートめっき等、より安価で効果的な方法がある)ほか、導電性も高い(鉄、クロムより優れるが銅には及ばない)ため電気接点のめっきにも好んで使われる。ステンレス鋼や硬貨の原料などにも使用される。, 日本で2010年現在発行されている50円硬貨や100円硬貨は、銅とニッケルの合金(白銅)である。アメリカ合衆国の5セント硬貨も白銅だが、通称「ニッケル」と呼ばれている。純ニッケルも硬貨の材料として用いられたことがある。これはニッケルが特殊鋼や薬莢の材料である白銅の原料として重要であるため、国家が備蓄し、平時は硬貨として流通させ、有事に際してはほかの素材の硬貨や紙幣で代替して回収するためである[4]。日本でも第二次世界大戦直前の1933年(昭和8年)から1937年(昭和12年)にかけて、5銭と10銭のニッケル硬貨が発行されており、その名目で軍需物資であるニッケルを輸入した。ただし、戦後もニッケル硬貨は発行されており、1955年(昭和30年)から1966年(昭和41年)まで発行されていた50円硬貨(1959年(昭和34年)に無孔から有孔に変更)がニッケル硬貨である。, ニッケルと鉄にモリブデンやクロムを加えた合金をパーマロイと呼ぶ。優れた軟磁性材料であることから、変圧器の鉄心や磁気ヘッドに用いられている。, ニッケル36パーセント、鉄64パーセントの合金を「インバー」、ニッケル36パーセント、鉄52パーセント、クロム12パーセントの合金を「エリンバー」と呼ぶ。インバー合金は熱膨張率が非常に小さく、エリンバー合金は温度による弾性率の変化が非常に小さいという特徴があり[5]、機械式時計の発条などの精密機械に用いられている。ニッケルベースの合金である各種のインコネルは、その耐熱性からタービン用コンプレッサの材料などに用いられる。, ニッケルは不飽和炭素結合に対する水素付加の不均一系触媒としてラネー合金などに加工され工業的に用いられる。, 水酸化ニッケルはニッケル・水素蓄電池やニッケル・カドミウム蓄電池などの二次電池の正極に使われる。, アクセル・クロンステット(Axel Frederik Cronstedt)が1751年に単体分離[6]。, ニッケル鉱石の生産は世界全体で134万トン(2009年現在)である。その内訳はロシアが19パーセント、オーストラリア14パーセント、インドネシア12パーセント、カナダ10パーセント、ニューカレドニア7パーセントとなっている[7]。, 鉱石としては、おもに蛇紋岩中に産出する珪ニッケル鉱(Garnierite、(Ni,Mg)3Si2O5(OH)4 とされるが、組成が一定しないので独立種とは認められていない)、磁硫鉄鉱などと共産するペントランド鉱(Pentlandite、(Fe,Ni)9S8)がおもに採掘されている。, かつては、オ-フォード法、モンド法、ヒビネット法[4]、徐冷選鉱法などが利用された。2000年代以降は電気精錬法が用いられる[8]。, 日本では第二次世界大戦中、京都府与謝郡の大江山で開発されたニッケル鉱山で日本冶金工業が採鉱し、近くの製錬所でフェロニッケルに製錬、さらに川崎市の同社工場でニッケル合金として軍用に提供していた。また山口県においても、山口県周南市から岩国市にかけて断続的に蛇紋岩帯があり、昭和15年から20年にかけて金峰鉱山などで採掘が行われた。このほか千葉県の房総半島など、蛇紋岩帯の存在する地域で採掘が行われた。しかし、これは戦時体制による商業コストを度外視したものであり、ほとんどが終戦とともに閉山・廃鉱となった。, この金属は、日本国内において産業上重要性が高いものの、産出地に偏りがあり[10]供給構造が脆弱である。日本では国内で消費する鉱物資源の多くを他国からの輸入で支えている実情から、万一の国際情勢の急変に対する安全保障策として国内消費量の最低60日分を国家備蓄すると定められている。, 2015年(平成27年)現在、ニッケルを日本国内で製錬しているのは、大平洋金属八戸製造所、日本冶金工業大江山製造所、住友金属鉱山日向製錬所である。, ウレアーゼ(尿素分解酵素)やいくつかのヒドロゲナーゼ(分子型水素の酸化還元酵素)などは、その機能を発現するためにニッケルを取り込んでいる[11]。しかしながら、ニッケルは金属アレルギーを引き起こしやすい金属のひとつであり、WHOの下部組織IARCはニッケル化合物を「Group1:ヒトに対する発癌性が認められる化学物質」としている[12]。, 化合物中の原子価は2価がもっとも安定であるが、3価および4価のニッケル原子を含む錯体も存在し、-1、0、+1といった低原子価の錯体も存在する。強酸の陰イオンよりなる塩類は一般的に水に可溶であるが、カルコゲンなどとの化合物は難溶または不溶である。, ただし、IARC の報告は疫学的リスク評価であり、ニッケルおよびニッケル化合物に人に対して発癌するリスクが存在するという意味であり、どのぐらいの量をどのくらい長期間接触したら発癌するといった量的評価ではない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ニッケル&oldid=80067362. 0000005469 00000 n 各種金属(合金)の接合に取り組んでおり、銅・チタン・鋼・ステンレス鋼・工具鋼・ニッケル・コバルト・アルミの8種でみると、銅とコバルト、チタンとコバルト、アルミとコバルトの3種の組み合わせを除く25の組み合わせに成功しています。 0000005872 00000 n &�~`�o���[�M�N��'��d�B�T�9�v����BF�g��q��� :C&G2��֌fϙ/l��͈o=&���3}?�4�P�d��5O��]�b��e��,[P�����2Kvs�X4��G�W`�Na����R�/�v���3��T��ikl�����Z�X��ܥ��hh ��M�{�vM�!Ԍ��3#4�y�j���p-���=�ҫT)%K-�{��˃ J��u�1���W�S��M˂�� 0000084210 00000 n 0000008363 00000 n 0000200768 00000 n H�\��j�0��~ 0000084278 00000 n 0000007285 00000 n 0000012574 00000 n 0000018710 00000 n 図3 計算ソフトPandatによる銅-錫-ニッケル三元状態図 の433 Kの等温断面図 Constitutional diagram of Cu-Sn-Ni system at 433 K calculated by Pandat. 0000005448 00000 n 0000083706 00000 n 0000015701 00000 n 0000004058 00000 n T�fy�|�{�`���P����Ay��^��]Z�@��9�}`_�x9�zi& vbk��p L79pU�bi��6 N�� endstream endobj 678 0 obj <>/Size 613/Type/XRef>>stream 0000006759 00000 n 名称. Sn Ni 5μm Sn Ni 5 µm 図4 433 K×480 hr加熱後の錫-ニッケル拡散対の金属組織 Diffusion structure of Sn / Ni couple diffused for 480 hr at 433 K. 0000393124 00000 n 電気ニッケルめっきはワット浴タイプとスルファミン酸タイプに大別されます。スルファミン酸浴からのめっきは低い硬さ、低い内部応力、高い靭性を示します。, 無電解ニッケル/ PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)複合材は、低摩擦、撥水性、撥油性、離型性、耐摩耗性を示しています。, 最短1営業日以内責任者がスピーディに対応します。, めっきでお悩みのこと技術的ご相談など、お気軽にどうぞ。, オンラインでの商談についてのご案内になります。, めっきのお悩みなら何でもご相談ください。 0000432673 00000 n c�C%�����|?+�g�'Z"��RoΠU�1h�~���l�� 0000011777 00000 n 三ツ矢は、高い技術力と対応力でお客様のご要望に必ずお応えいたします。, お問い合わせから仕様確認、お見積り試作、量産までの流れをご説明。, お申し込み、アドレス変更、配信停止はこちらから。. Copyright 2000: MITSUYA CO., LTD. All rights reserved. 0000018737 00000 n 0000008966 00000 n 等、様々な金属への拡散接合(熱圧着)に対応。 0000007979 00000 n 0000003203 00000 n 0000001425 00000 n %PDF-1.4 %���� 1990年創業以来、拡散接合(熱圧着)技術一筋 業界トップクラスの技術力と発想力、サポート力で超高精密部品の試作開発から量産, 接着剤を使わない拡散接合(熱圧着)技術が複雑な形状、微細なサイズのオリジナル部品製造を可能にします。, 「母材を密着させ、母材の融点以下の温度条件で、塑性変形を出来るだけ生じない程度に加圧して、接合面間に生じる原子の拡散を利用して接合する方法」とされています。, 「接着剤等、介在物に頼らずに、接合面を確実に接合させる」──複雑な構造の治具、機械部品、中空パーツ製造の可能性を無限に拡げる、この夢のような技術の確立に、弊社は1990年の創業以来、一筋に取り組んでまいりました。, 溶接とは違い、母材を溶かすことなく接合する為、高精度を要求される製品や微細なサイズの部品の製造にも適しています。また、接着剤(ろう材等)を使用しない為、接着剤等の成分の影響もなくガスの発生も起こりません。, 同種金属または異種金属などさまざまな素材を、熱を利用して原子レベルで反応させ、接合させる、ヤマテックの拡散接合(熱圧着) 技術は、形状の複雑化、サイズの微細化等、多様化、高度化する製品ニーズに応え、お客様の事業に新たな可能性を創造して、必ずやお役に立てる事と自負しています。, エンジニア界で長く切望されながら、技術の確立は困難といわれ続けてきた拡散接合(熱圧着)技術。ヤマテックは過去の失敗を貴重なデータとして生かすトライ&エラーを繰り返し、ステンレス【SUS】全般を中心として、ニッケル系【Ni】、銅系【Cu】、アルミ合金【Al】、チタン【Ti】等、様々な金属の拡散接合(熱圧着)に成功しました。現在では、安定した技術としてお客様にご提供できる体制を確立するにいたっています。更に、その他のさまざまな金属の接合にも挑戦し続け、エンジニアの皆様の幅広いニーズに対応できるよう、たゆまぬ努力を重ねています。, 材料同士を密着させ、熱と圧を掛けることにより拡散を促します。