【交通... ホンダ、欧州向け2021年モデル7機種を発表|新型のPCX、CB125R、CB1000R等は国内でも発売. その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 【美しすぎるクルマ・ベスト3(世良耕太)】日本人がデザインした最新ポルシェ911。その後... 緊急時でもないのに高速道路で堂々とUターン! 北米仕様のSKYACTIV-G2.5T, 日産エクストレイルとマツダCX-5。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?, 2.5ℓ直4ガソリンターボエンジンを積んだマツダCX-5 25Tエクスクルーシブ・モードに足かけ3日間乗り、650kmほど走った。CX-5がモデルチェンジして2代目に移行したのは2016年12月で(発売は2017年2月)、以来、2018年2月と同年10月に商品改良を行なっている。 マツダCX-5は、マツダのSUVです。近年需要が高まっているSUVの中でも、高い人気を誇っています。今回ご紹介するのは、CX-5の維持費についてです。CX-5について特に注目すべきなのは、ガソリン車とディーゼル車のどちらの維持費が得であるかということでしょう。, マツダCX-5は、マツダが生産しているSUVです。マツダ公式サイトによると国内累計販売台数50万台を達成しているため、人気車種といえるでしょう。2016年にフルモデルチェンジし、現行の形になりました。CX-5は4~5人乗りのSUVであり、街乗りにもアウトドアにも使える、非常に日本向きのSUVといえるでしょう。日本においてSUVというジャンルを普及させた車ともいえます。この記事では、人気の高いCX-5について解説していきます。, 新しいCX-5には、ガソリン車とクリーンディーゼル車の2種類があります。ディーゼル車は聞き馴染みのある言葉ですが、実際どういう車のことを言うのかあやふやな方も多いのではないでしょうか。ディーゼルエンジンの車は軽油で走り、ガソリン車はレギュラーガソリンで走ります。これが一番大きな違いでしょう。軽油のほうがガソリンより安く、燃費性能もいいのですが、ディーゼル車は駆動の音が大きいなどのデメリットもあります。, ここからは、CX-5の維持費について見ていきましょう。車を買う際に大切なのは、車を所持していくうえでかかる費用をきちんと把握しておくことです。車の購入代金についつい気を取られがちですが、何年も乗ることを考えると、維持費の方が合計では高くなることもあります。CX-5の維持費は、大きく分けて7つに分類されます。車を持つと等しくかかるものから、大きさ、重さによって変わるものもあるので知っておくようにしましょう。, CX-5にかかる維持費、一つ目は自動車税です。自動車税は自動車の所有者、あるいは使用者に課せられる税金のことです。自動車税の納付金額は、車の総排気量によって0.5リットル刻みで変化します。CX-5の排気量は2.0~2.5リットルなので、自動車税は43,500円です。毎年この額の維持費がかかるということを覚えておきましょう。, CX-5にかかる維持費、2つ目は重量税です。CX-5は、2019年5月1日以降の登録からエコカー減税の対象車ではなくなっているため、重量税は3万2,800円かかります。一部のグレードは、現在もエコカー減税の対象なので、詳しくはディーラーに確認してみましょう。, CX-5にかかる維持費、3つ目は車検費用です。車検費用は、「重量税」、「自賠責保険料」、「車検基本料金」、「サービス料」がかかります。重量税は上記の通りです。自賠責保険料は、一律なので29,520円/36ヶ月です。新車を購入した場合、3年目に初回の車検を受けるので、一年あたりでは1万円程度になります。車検の金額とサービス料もどこのお店に依頼するかで変わってきますが、これは8万円程度でしょう。, CX-5にかかる維持費、4つ目は自動車保険です。これは、自賠責保険とは別の民間の任意保険を指します。加入は義務ではありませんが、保険に入らないと言う選択肢は基本的に考えないほうが良いでしょう。任意保険に関しては、加入する保険プランや、手厚い補償を求めるのか、最低限の補償でいいのかによって変わりますが、年間で8万円から12万円ほどの保険料がかかるでしょう。ガソリン車もクリーンディーゼル車も変わらないところがほとんどです。, CX-5にかかる維持費、5つ目は駐車場代です。つい忘れがちですが、車を所有する場合、駐車場代を考慮しなければいけません。一軒家に駐車場がある場合は良いですが、月極駐車場を借りる以外にも、マンションでも駐車場代はかかります。駐車場の金額は、都会か地方かによって大きく変わります。年間で考えると10万円以上差がつく場合もあります。都会であれば、年間30万円近くかかるでしょう。地方の都市であれば10万円ほどでしょう。, CX-5にかかる維持費、6つ目はメンテナンス代です。車は機械ですから、メンテナンス料金という維持費がかかります。日本車は精巧に作られているので、故障はそうそう起こるものではありませんが、車検の際などに修理したほうが良い部分が見つかることもあります。オイル交換やタイヤ交換は、一定期間経ったら行なうことが推奨されます。オイル交換は一回1万円弱、タイヤ交換は10万円程度でしょう。.  空力的な観点(負圧域をフロント寄りにし、リヤの接地荷重を安定させる方向に作用させる)もあってフロントフード前端を張り出させたのかと勝手に思い込んでいたが、公開された資料にそのあたりの記述は見あたらず、純粋にプロポーションの観点でそうしたようだ(あえて公表していないのかもしれないが)。Aピラーの位置は初代に比べて約35mm後退させたというが、これはプロポーションのためと説明している。ただし、そのおかげで運転席からの視界は開けた。Aピラーとミラーの間隔を広くとる工夫を施した効果もあり、左前側方の視界も良好だ。, インテリアもエクステリアと同様に「リファイン」という表現がぴったりくる。インテリアのデザインに関しては「徹底的にビジュアルノイズを廃した」と記述している(『新型CX-5のデザイン』マツダ技報2017)が、確かにそのとおりという印象だ。装飾過多に陥らず、といって素っ気なくも安っぽくもなく、落ち着いていて上質で高級感がある。, 操作系の使い勝手もいい……と手放しでほめちぎりたいところだが、7インチ・ディスプレイのサイズは、現在の基準ではやや物足りなく感じる。少なくとも、リファインが進んだ2代目CX-5の車格には不釣り合いで、もう少し大きなディスプレイがほしい。センターコンソールのダイヤルコマンダーに加えタッチ操作が可能だが、最下段のメニューボタンは押しづらいと感じた。よく手に触れる給油リッドオープナーの触り心地もいまひとつ……。 TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota), マツダCX-5の2.5ℓターボはレギュラーとハイオクで23ps違う!  18年10月の商品改良では、2.5ℓ直4ガソリンターボエンジンを搭載した仕様が追加された。この新エンジンの追加に合わせて設定されたのが特別仕様車のエクスクルーシブ・モードで、今回試乗したモデルがこれである(ディーゼルの設定もある)。エクスクルーシブ・モードは、ナッパ・レザーや本杢パネルを採用したのに加え、縁取りをなくしたフレームレス・インナーミラーや7インチ液晶メーターなどを装備し、上質感を引き上げている。  フォローしておくと、18年10月の商品改良でApple CarPlay(とAndroid Auto)に対応したのは、歓迎すべき変更点だ(マツダとして国内初採用)。, ツイーターの下方には空調ダクトがあるし、見えないけれどもカーテンエアバッグも収まっており、内部が過密なのは疑う余地がない。よくぞ地価の高いAピラーにツイーターの場所が取れたものだと感心してしまう。それだけ思い入れの強いシステムということなのだろう。もちろん、効果は視覚上だけでなくサウンド上にも現れている。シャキッとしたBoseの音づくりはもともと筆者の好みなこともあって、いつものドライブに比べて音楽を流す比率は格段に高かった。, 同門対決 マツダCX5とCX-8。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?.  商品改良の内容をざっと振り返っておくと、18年2月の商品改良では2.5ℓ直4ガソリン自然吸気エンジンに気筒休止技術を採用。2.2ℓ直4ディーゼルは急速多段燃焼など複数の技術を採用して最高出力/最大トルクを引き上げた。また、360°ビューモニターをオプション設定し、車速感応式オートドアロックを全車標準装備にするなど、使い勝手を高めている。 実は友達がcx-5が気になっているんだけどガソリン車ディーゼル車どっちがいいかな、って相談受けてさ、. マツダcx-5は、マツダのsuvです。近年需要が高まっているsuvの中でも、高い人気を誇っています。今回ご紹介するのは、cx-5の維持費についてです。cx-5について特に注目すべきなのは、ガソリン車とディーゼル車のどちらの維持費が得であるかということでしょう。 cx-5はガソリンターボ、ディーゼルターボともに2000回転という、低い回転数で40以上もの大きいトルクを発生することができます。 なので非常にアクセルの滑り出しが軽く、快適な運転を楽しめます。 どちらを選んでも力不足を感じることはないでしょう。 ©Copyright2020 (車好き)自分らしい車に乗りたい人がたどり着くサイト.All Rights Reserved. この強引なおまわりさんは実在する!? 1967年東京生まれ。早稲田大学卒業後、出版社に勤務。編集者・ライターとして自動車、技術、F1をはじめとするモータースポーツの取材に携わる。10年間勤務したあと独立。モータースポーツや自動車のテクノロジー... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。. Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, マツダにとってグローバルでも大ヒットとなっているCX-5。主力が2.2ℓディーゼルターボ(SKYACTIV-D2.2)であることには変わりはないが、2.5ℓガソリンターボ、という選択肢も加わった。ジャーナリスト世良耕太が、CX-5 25Tを650kmドライブして、その実力をレポートする。 マツダにとってグローバルでも大ヒットとなっているcx-5。主力が2.2ℓディーゼルターボ(skyactiv-d2.2)であることには変わりはないが、2.5ℓガソリンターボ、という選択肢も加わった。ジャーナリスト世良耕太が、cx-5 25tを650kmドライブして、その実力をレポートする。 えりか実は友達がcx-5が気になっているんだけどガソリン車ディーゼル車どっちがいいかな、って相談受けてさ、イマイチ違いが分からないんだよね。, 初代cx-5は2012年に発売され、[SKYACTIV TECHNOLOGY]といったマツダの最新技術がすべて盛り込まれた初めての車種となった。, 2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、販売開始からわずか9か月で販売計画の3年分を上回る37000台の受注があったと言われている。, 一躍人気車種となったcx-5は、2017年には早くもフルモデルチェンジした2代目が発売された。, 2代目も初代と変わらず、2.0L/2.5Lの直4NAエンジンと2.2L直4ディーゼルターボの3種類でスタートしたが、2018年の改良で2.5L直4ガソリンターボを追加している。, cx-5は5人乗り、5ドア、クロスオーバーSUVで、グレードは全部でなんと14種類から選べるんだ。, エンジンやグレードによって価格はもちろん、燃費、パワーや内装も大きく変わってくるよ。, ディーゼルエンジンモデルはFF車と4WD車とAT、MT車で、16.6~19.4km/Lとなっています。, それにしても、1.5tを超える車重量にしては比較的優秀な部類に入るのではないでしょうか。, しかし、2018年に登場した2.5Lガソリンターボエンジンによって、馬力は2.5Lガソリンターボ車が優位、トルクは、2.2Lディーゼルターボ車が優位ということで、難しくなってきましたね。, やはりマツダも人それぞれの使用方法にあった使用を随時、リリースしているので、本当にこの部分は保有者の使用用途によって変わってくると思います。, 「いやいや、高速も山道もバンバン走りたいんだ」という人であれば2.5Lガソリンターボ車か、2.2Lディーゼルターボ車に、選択肢は絞れると思います。, CX-5はガソリンターボ、ディーゼルターボともに2000回転という、低い回転数で40以上もの大きいトルクを発生することができます。, 25TはL Pakageからしか設定がないため、ほかの比較グレードより装備が整っています。, ちなみにそれぞれ同グレードで比較すると・・・20SはL Pakageの指定がありません。, しかし、CX-5のディーゼルエンジン車はエコカー減税対象車であり、自動車税や重量税が、免税され非常にお得に購入できます。, 25TはL Pakageからしかグレードを選ぶことができないため、選択肢が非常に狭くなりますが、ガソリンエンジンがいい、上級グレードに乗りたい、という人には、25Tがおすすめです。, 知り合いで初代のXD L Pakageに乗っている人がいるんだけど音も気にならないし、パワーがあるから運転が楽しいって言っていたよ。, 軽油だからガソリン代も安いからお財布にも優しいって(笑)でも、維持費についてはディーゼル車のほうが安いのか疑問が残るね。, 一般的に1万円前後オイル交換の費用がかかるといわれていますが、メンテDEパックやオイルカードを利用すれば安く済みます。, バッテリーは3年前後が交換目安といわれてはいますが、6~7年もった人もいるようで、使用頻度や、使用方法、住んでいる環境などで大きく使用年数は変わってくるようです。, でも、ガソリン代の差が大きいから、維持費はさほど変わらないか、若干ディーゼルのほうが安いかな。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, と思った時にネットで色々調べていたら、とってもお得な買い替え方法を発見したんですよ♪, 浮いたお金で旅行やお気に入りのバッグなどを買えたので、このサイトでそのお得な情報なども紹介していこうかと思います。.