この構成でいく場合は、ポップアップ側の挙動を行わせるためのhtml+javascriptを別途用意する必要があります。 マルチブラウザ・クロスブラウザ対応した際に学んだノウハウです!
こんにちは、シブヤです。 jsファイルの方は、いくつでも良いですが、最低1つは無いと何もしてくれないカスプラグインになってしまいますから。, とりあえず、上記2ファイルで最低限動くものは作れますが、今回はスクレイピングの実行タイミングをユーザに決定させたいのと、結果を何処かに表示しないといけないので、拡張機能アイコンクリック⇒ポップアップが表示される⇒スクレイピング実行ボタン押下で処理開始⇒結果がポップアップ内に表示される、みたいな動きの機能を作ります。 ので、この引数群は実際は特に意味がないです。はい。, コールバック内では、webページのDOM要素から抽出対象を抜き出して、sendResponseでキック元に値を返却しています。, [html] chrome apiのtabに関するものを使用するためです。. Javaバージョン: 8.0, 7.0 ChromeはNPAPI (Javaアプレットに必要な技術)をサポートしなくなりました Webブラウザ用のJavaプラグインは、クロス・プラットフォーム型のプラグイン・アーキテクチャである NPAPI を利用しています。 いつの日か記事化できるようがんばります!, https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Window/showModalDialog, https://web-designer.cman.jp/javascript_ref/window/open/, https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Window/close, https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Document. が、私はmsgしか使ったことがないので他の引数については割愛します。, msgは、渡してきた側の実装によりますが、今回私はmsgに何も入れてません! document.getElementById("ChromePlugin-doScrape").addEventListener("click", function(){. window.showModalDialogを使用して開くことができません。, MDN window.showModalDialog ES2019への追加を期待していたが、まだステージ3の機能. https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Window/showModalDialog, 対応案として、 window.openを使用することでモーダルダイアログの処理に近づけることはできますが下記ができません。, なお、IEではウィンドウのサイズを固定することができましたがChromeやEdgeなどは、window.openに関わらずウィンドウのサイズを固定することができません。, WEBページ作成リファレンス JavaScriptでウインドウを開く }], ChromeやEdgeに移行することが増えそうなので、移行に伴う弊害と対策まとめたを記事にしました。 閉じる方法が見つかっても鼬ごっことなってしまい、ブラウザのアップデートで使用できなくなった経緯があります。, MDN window.close windows7のサポート期間が終了することにより、OS移行と共にIEで使用している業務アプリケーションを var result = "
    "; こんにちは、シブヤです。 windows7のサポート期間が終了することにより、OS移行と共にIEで使用している業務アプリケーションを ChromeやEdgeに移行することが増えそうなので、移行に伴う弊害と対策まとめたを記 … Continued IEで上図のようにモーダルダイアログを使用している方も多いのではないでしょうか。 ダウンロード ヘルプ. ), 今回は、Chrome拡張機能(プラグイン)をサクッと触ってみようと思います。 chrome.tabs.sendMessage(tabs[0].id, {}, https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Window/close, document.allは、文書内のすべての要素にアクセスすることができるプロパティとして利用されていました。 [javascript] 例えば、拡張機能の名称, アイコン, バージョン, ポップアップを表示するならアイコンクリック時に表示するhtmlファイル,使用するjs名などを記述します。 Chrome拡張がどうやらHTML+CSS+Javascriptで作れるようなので、どんなものなのか試してみたくなったからです。, とりあえず、簡単だけれど役に立ちそうな機能を作りたいので… "js": ["doScraping.js"], chrome.tabs.query({active: true, currentWindow: true}, function(tabs) { Document ブラウザのセキュリティによる問題でChrome、Edgeでは、window.openによって開かれたウィンドウ以外、閉じることができません。, window.open以外で開かれた画面を閉じるために以前は、window.open(‘about:blank’,’_self’).close()等の抜け穴を見つけて閉じる処理を実現することができました。 ウェブサイトに Google 広告を表示するには、ご利用のブラウザで JavaScript を有効にする必要があります。 Google Chrome で JavaScript を有効にする パソ }); しかし、ChormeやEdgeなどのブラウザでは、セキュリティ上の仕様により、 chrome.runtime.onMessage.addListener(function(msg, sender, sendResponse) { document.getElementById("ChromePlugin-result-disp").innerHTML = msg; みなさん、こんにちは! 今回は、Chrome拡張機能(プラグイン)をサクッと触ってみようと思います。 Chrome拡張がどうやらHTML+CSS+Javascriptで作れるようなので、どんなものなのか試してみたくなったからです。 とりあえず、簡単だけれど役に立ちそうな機能を作りたいので… 現在表示されているwebページから、必要な情報だけをボタンクリックで抽出できるような機能を作ることを目的にしようと思います。 ちなみに、この「webページから必要な部分を抜き出す」ことをスクレイピングとい … ] 現在表示されているwebページから、必要な情報だけをボタンクリックで抽出できるような機能を作ることを目的にしようと思います。
, このhtmlは、ツールバーのアイコンを押下した時に開くポップアップを定義しています。 有効 チェックを付ければちゃんとツールバーにアイコンが表示されるはずです。, myscraper.zipでいうと、解凍した後にできる、myscraperというフォルダを指定してあればokです。, ルートフォルダはmyscraperで、その直下にmanifest.json, doScraping.jsがあります。 function(msg) { GET のボタンを押下した時にDOM抽出イベントをキックするためのクリックイベントがmain.jsによって付与されます。, [javascript] IEのみ使用することができましたがIE7以降では、使用することができず、undefinedとなります。, 代替え案としては、document.getElementsByTagName(Name)で代用することができ、Nameの部分にすべての要素を”*”で可能となります。, 下記、document.getElementsByTagName("*")で全ての要素を取得してみました。, MDN document バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…], 作成した資料はこちらです。⇒ 2018 hidetaso Webプレゼン資料 (スマホで見る場合は、ピンチアウトして幅調整してください) 目次 0.1[…], みなさん、こんにちは! 今回は、私もハイブリッドアプリ開発で愛用しているOnsen UIについて、概要を書こうと思います。 Onsen UIとは、ハイ[…], GN125、グラディウス400のメンテナンス/カスタムブログです。ときどきIT系の話。, 【Talend】行(row)データを一時保存して後で使いまわす(tHashInput/Output), 【WebSlides】HTML+CSS+Javascriptでプレゼン資料を作成したら割とウケた話。2018年版。, 【Phonegap/Cordova + Onsen UI 01】ハイブリッドアプリに最適なOnsen UIとは。使い方とか, 【JSF入門02】ボタン押下時のイベントを扱う。actionとactionListenerについて, 【コマンド/bat】ファイル検索の結果ファイルをコピーする2つの方法(Windows), 【Talend】ジョブの分割と値の受渡し/返却。あとtFlowToIterateについて, 【Talend Open Studio 入門04】tMapのフィルタリング機能とVarの使い方, 【Talend Open Studio】tJava,tJavaRow,tJavaFlexの使い方まとめ, 【バイク】自分でできる!メンテナンスの一覧まとめ(難易度別)。初心者の入門用にも!, GN125-2Fのパーツ番号とか適合とかメンテナンスとかメモ – hycko.blog, GoogleスプレッドシートをAPIとして使用する – あるシートの情報をまるまるJSONとして返却, 【WordPress】突然固定ページが404エラーで表示されなくなった!?ので私の対処法を書きます。, 【Javascript】爆速でChrome拡張プラグイン開発を試す。作り方は意外とかんたんでした。, 使用する場合は、manifest.jsonに”content_scripts”と書いて値を設定, 制約がある(ChromeAPI群で使えないものがある,ページ内変数にアクセスできないなど), 使用する場合は、manifest.jsonに”background”と書いて値を設定, Background Pageは常にbackgroundで動くんで、Event Pageで必要な時に実行する方が良い. で表示される、拡張機能画面の左上にあるボタン、”パッケージ化されていない拡張機能を読み込む…”を押して、取り込みたい拡張機能のルートフォルダを指定してあげればokです。 ツールバーのメニューボタン⇒設定(S)⇒拡張機能(左側のメニュー) WebブラウザでJavaを有効にするにはどうすればよいですか。 このトピックは、次に当てはまります。: プラットフォーム: Windows 10, Windows 7, Windows 8, Windows XP, Windows Vista, Mac OS X 症状. "matches": ["http://www.google.co.jp/*", "https://www.google.co.jp/*"], manifest_versionは2を指定してあげてください。とりあえず。おまじないです。, 今回はツールバーに表示したかったのでbrowser_actionを指定して、その中でクリック時に開くポップアップのhtmlファイルをdefault_popupで指定している感じです。, 前述のcontent_scriptsも定義しています。これは、表示しているwebページ内のDOMを取得して抽出して返却させるのに使用しています。 result += "
  • " + el_titles[i].innerHTML + "
  • "; { } "default_popup": "foreground/popup.html" "name": "My Scraper", GN125と過ごすSEのブログ ※要素が増えたので7個になりました。, まだまだ、レイアウトの問題もあるのでマルチブラウザ・クロスブラウザ対応する際の弊害はありますが今回はこれまで。, 私個人としては、reboot.cssやnomalize.cssを使用して、レイアウト問題を解消できないか模索中です。