rpmlib(PayloadFilesHavePrefix) <= 4.0-1 ダウンロード. rpmlib(PayloadIsXz) <= 5.2-1, ---以下出力--- 38%完了 Confirm the password:★確認のためのパスワード入力, Listener configuration succeeded. GRANT CONNECT TO mejiro; [INFO] Oracle home installed successfully and ready to be configured. DB操作の準備 54%完了 /bin/sh 34%完了 Configuring Oracle Database XE. 目次. Note that the same /opt/oracle/cfgtoollogs/dbca/XE。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. なお、こちらに書いてあることは筆者自身の見解であり、所属企業の見解を反映したものではありません。. 以下のURLよりダウンロード可能です。, インストレーション・ガイドもありますが、現在(2018/11/12)は英語版のみでした。, インストール後、USERS表領域を12GBまで拡張したところ、OS、rpm、ユーザーデータなどを含めて27GB程度でしたので、ログやシステム表領域の拡張に備えて、ディスクは40GB程度準備するとよいと思います。(rpmインストール後:9.2G、DB作成直後:13G), 3つのコマンドで変更された箇所などの詳細を記載します。この項目は詳細が知りたい人向けです。詳細不要の方は「環境変数の設定」に進んでください。, まずは、配置後のファイルが破損していないか確認です。sha256sum の値は、ダウンロードページから確認可能です。preinstallのrpmは記載が確認できなかったのですが、念のため結果だけ記載しておきます。, マニュアルに従って事前設定用のrpmをインストールします。未インストールのrpm群についてもここでインストールされます。以下インストール時に追加されたパッケージ群です。, ※ diff結果無し(99-initial-sysctl.confというファイル名で、変更前のバックアップがありました), 他エディションのインストール・ガイドでは /etc/sysctl.d/97-oracle-database-sysctl.conf に設定する旨が記載されていますが、rpmでは99番で設定しているようでした。, 元ファイルから numa=off transparent_hugepage=never の2つのパラメータが追加されていました。, カーネルパラメータ、OS起動時のパラメータ変更を行っているため、念のためOSの再起動をしておくことをお勧めします。, runInstallerに当たる部分の操作を実施します。ORACLE_HOMEの作成をします。, NETCA/DBCAに当たる部分の操作を実施します。一部パラメータを/etc/sysconfig/oracle-xe-18c.confから設定できます。リスナーのポート番号変更や、データファイル出力位置(デフォルト:/opt/oracle/oradata)を変更したい場合などに使用してください。, インストール後に環境変数の設定を行います。マニュアルを見ると、毎回コマンドを実行して設定するようになっていましたが、面倒かと思いますので、.bashrcか.bash_profileに記載します。, データベースの作成が終わったら、起動を行います。最初からPDBが一つ作られています。, ここでは実際にメモリの制限、PDBの制限、ファイルサイズの制限について確認しています。, 初期状態では以下のメモリ設定がされていました。リソースマネージャなどの利用をしない場合、全てのPDBでメモリ領域を共有しますので、全体で2GBまでというのが確認できます。, ユーザーが使用できるPDBの数は3つまでです。以下実際に作ってみようとしたところ、ORA-65010が発生しました。, ファイルサイズを超えた後にPDBを再起動しようとしたところ、起動しなくなりましたので注意して下さい。復旧自体ができなくなります。(制限のない他のDBにリストアするなどの処置で戻るかもしれませんが、試していません。), ORA-12954(ファイルサイズの制限を超えた旨)が発生することが確認できました。12GBまで拡張してみます。, 成功しましたが、DB全体で制限がかかっているため、実は 12GB + α が実際の制限値となっています。他の表領域を増やしたのち、12GBに拡張しようとするとORA-12954が発生します。このまま停止・起動を行うと、CDB$ROOTの拡張などが伴った場合に冒頭の通りPDB自体起動できなくなることがあります。, XEPDB1が一杯の状態でも他にPDBの作成は可能ですが、作成したPDBは起動しようとするとORA-12954が発生します。CDBで稼働しているPDB全体で12GBを超えないように留意する必要があります。, 使ってみるのはこれからですが、CPU2つまで可能となったのは大きいと思います。11gR2の時は、CPU1つを使い切るSQLを実行すると終わりでしたので・・。, Excelをアプリケーション化して少し拡張するくらいであれば問題ないですが、やはりディスクサイズが小さいので圧縮処理も検討してもよいと思います。, Oracle APEXを利用しようとしてデータベースのインストールを行ったのですが、Oracle APEXがデフォルトで導入されていませんでした。Oracle APEXを利用する場合は別途インストールする必要があります。, Oracle APEXのインストールについては以下に記事を記載しています。ご参考にどうぞ。, データファイルのハイウォーター・マーク(最高水位標/High-water Mark/HWM)を確認する, oradebugによるOracle Databaseのイベント(event/events)設定確認, 弊社では、Oracle APEX、Oracle Cloudのエンジニアを募集しております。, 462b2253e0e012e8211d1b6ceac0c66ecb636de1c7a27ca6a1419e3cb64d160d, 308c044444342b9a3a8d332c68b12c540edf933dc8162d8eda3225e662433f1b, --r--  1 root root      18244 Nov  8 16:27 oracle-database-preinstall-18c-1.0-1.el7.x86_64.rpm, --r--  1 root root 2574155124 Nov  8 16:44 oracle-database-xe-18c-1.0-1.x86_64.rpm, "vconsole.font=latarcyrheb-sun16 consoleblank=0 nomodeset elevator=noop net.ifnames=0 biosdevname=0 console=tty1 console=ttyS0,115200 numa=off transparent_hugepage=never", "ORACLE_HOME=/opt/oracle/product/18c/dbhomeXE", "export ORACLE_SID ORACLE_BASE ORACLE_HOME PATH", ---------- ------------------------------ ---------- ----------, ------------------------------------ ----------- ------------------------------, '/opt/oracle/oradata/XE/XEPDB2/users01.dbf', '/opt/oracle/oradata/XE/XEPDB3/users01.dbf', '/opt/oracle/oradata/XE/XEPDB4/users01.dbf', ---------- ---------- --------------------------------------------- ---------- ----------- ---, '/opt/oracle/oradata/XE/XEPDB1/users01.dbf', '/opt/oracle/oradata/XE/XEPDB1/temp01yyyy-mm-dd_hh-mi-ss-nnn-PM.dbf', '/opt/oracle/oradata/XE/XEPDB1/sysaux01.dbf', '/opt/oracle/oradata/XE/XEPDB1/system01.dbf', '/opt/oracle/oradata/XE/XEPDB1/undotbs01.dbf', https://www.oracle.com/technetwork/jp/database/database-technologies/express-edition/downloads/index.html, https://docs.oracle.com/en/database/oracle/oracle-database/18/xeinl/installation-guide.html, Oracle APEXのインストール(Oracle Application Express)(CDB環境), X$表を利用して、設定していない隠しパラメータを参照する(V$PARAMETER), Oracle Database XEに推奨される最小スワップ領域は、2 GBまたはRAMの2倍のうちの小さい方です。.