High Density Glass Fabric PCB design that reduces the gaps between the PCB layers to protect the motherboard against electrical shorts caused by humidity. *1: Only three TB3 devices can be detected. - Supports AMD AM4 socket Ryzen™ 2000 and 3000 series processors, - 256Mb AMI UEFI Legal BIOS with GUI support, - Integrated AMD Radeon™ Vega Series Graphics in Ryzen Series APU, - 7.1 CH HD Audio with Content Protection (Realtek ALC1220 Audio Codec), - 8 x SATA3 6.0 Gb/s Connectors, support RAID (RAID 0, RAID 1 and RAID 10), NCQ, AHCI and Hot Plug, - 2 x Antenna Ports (on I/O Panel Shield), - Drivers, Utilities, AntiVirus Software (Trial Version), Google Chrome Browser and Toolbar, - Temperature Sensing: CPU, CPU/Water Pump, Chassis, Chassis/Water Pump Fans, - ATX Form Factor: 12.0-in x 9.6-in, 30.5 cm x 24.4 cm, © 2020 ASRock Inc. All rights reserved. *The addressable RGB LED header supports WS2812B addressable RGB LED strip (5V/Data/GND), with a maximum power rating of 3A (5V), a max of 80 LEDs and length within 2 meters. All you need is a. Purity Sound4 is a combination of several hardware, software audio solutions. X570 Steel Legend ASRock 最安価格(税込): ¥23,055 (前週比: -1,488円↓ ) 7日前の最安価格との対比 発売日:2019年 7月 7日 クチコミ掲示板 > パソコン > マザーボード > ASRock > X570 Steel Legend 同製品はRyzen 3000/2000シリーズ対応のAM4マザーボードで、10電源フェーズ設計やRGB LEDに対応していることが特徴です。. 2019年12月22日更新 Ryzen 3000シリーズと共に発売された、各社のX570チップセット搭載マザーボード。PCI-Express 4.0に対応し、従来の「X470」や「X370」とは比較にならないほど高い拡張性を有している。価格は競合のIntel Z390チップセットよりも高価になっているが、売れ行きは好調なようだ。 ASRock’s premium 60A power chokes effectively make the saturation current up to three times better, thus providing Supports AMD AM4 Socket Ryzen™ 2000 and 3000 Series processors; 10 Power Phase Design; Supports DDR4 4666+ (OC) 2 PCIe 4.0 x16, 3 PCIe 4.0 x1, 1 M.2 (Key E) For WiFi; AMD Quad CrossFireX™ and CrossFireX™ Graphics Output Options: HDMI, DisplayPort; 7.1 CH HD Audio (Realtek ALC1220 Audio Codec) 8 SATA3, 1 Hyper M.2 (PCIe Gen4 x4 & SATA3), 1 Hyper M.2 (PCIe … Together these capacitors provide clearer, efficient and more responsive CPU Vcore power, and overclockers may achieve higher scores. Devices can be synchronized across the. A new mysterious matte black and copper color scheme to match the prestigious components on ASRock's high-end motherboards. Steel Legend represents the philosophical state of rock-solid durability and irresistible aesthetics. The above user interface picture is a sample for reference. 『将来的な拡張性が高く,長く使える良いMBだと思います』 ASRock X570 Steel Legend みきてさんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、安定性・互換性・拡張性など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 いよいよ発表された第三世代Ryzenに合わせ、対応した「AMD X570」チップセットを採用した新しいマザーボードが各社から発表されている。現時点で分かる範囲でまとめてみた。 PCI-Express 4.0を備えた新しい「X570」 今回発表された第三世代Ryzen対応の新しいチップセットは「X570」だ。 A powerful tool that combines the speed of your SSD with the capacity of your hard disk into a single, fast, easy-to-manage drive. Copyright © 2020 4 Chunks All Rights Reserved. Dr.MOS is the integrated power stage solution which is optimized for synchronous buck-set down voltage applications! Specifically designed for memory power delivery, these new alloy chokes feature a highly magnetic and heat resistant design, thus delivering more stable and reliable power to the motherboard and memory modules. Besides the onboard LAN port, users may also choose 802.11ac wireless connections by M.2 (Key E) slot. Some sensitive digital components on the motherboard are vulnerable to power surges, the excessive current may cause your system to malfunction immediately. ASRock「X570 Steel Legend」製品情報、AMD X570チップセット搭載。高品質コンポーネントを搭載し高い耐久性と信頼性を実現したATXマザーボード We reserve more tolerance space and allow IO shield is adjustable when installing, thus fitting chassis perfectly without any mechanical issue. ASRock offers a very comprehensive control to perform the built-in RGB LEDs or the connected LED strips, CPU fans, coolers, chassis and any RGB devices smoothly. ASRock motherboards deliver stunning performance and superior aesthetics to rule your own colorful lighting way! いよいよ発表された第三世代Ryzenに合わせ、対応した「AMD X570」チップセットを採用した新しいマザーボードが各社から発表されている。現時点で分かる範囲でまとめてみた。, 今回発表された第三世代Ryzen対応の新しいチップセットは「X570」だ。コンシューマー向けのチップセットとして初めて、PCI-Express 4.0に対応する。PCI-Express 4.0はX570チップセットから16レーン、CPUから24レーンの合計40レーンが使用できる。また、USB3.2 Gen2はチップセットからだけでも8ポート出ている。USB2.0は4ポート。拡張性はバケモノだ。, https://www.amd.com/ja/chipsets/x570AMD公式サイトのチップセットとプロセッサの互換性についての表だが、第一世代Ryzen、第一世代Ryzen APUのところのチェックが新しい「X570」チップセットの欄にはない。つまり、基本的にはX570マザーボードは第一世代Ryzenには対応しないということだろう。また、以前低価格帯のチップセットとして「A320」があったが、これは第三世代Ryzenには対応しない。各社のBIOSアップデートの状況を見れば分かるが、A320マザーボードは各社とも第二世代Ryzen APU(3000番台)までの対応についてとどまっている。つまり、第三世代Ryzenを使いたい場合はX570、X470、B450チップセットを搭載したマザーボードと、第三世代Ryzen対応BIOSが配布されているX370、B350チップセット搭載マザーボードのいずれかが必要になるということだ。, 今回各社から発表されたX570チップセット搭載のマザーボードだが、Intel Z390チップセット搭載の最上位マザーボードと同グレードの「AORUS XTREME」や「GODLIKE」が確認できる。現在は画像こそあるものの詳細スペックが不明なものが多いため、分かる範囲で書いていく。※確認でき次第、随時更新していく。, 水冷向けでお馴染みの「FORMULA」がX570チップセットを搭載して登場。合計16フェーズの強力なVRMでRyzen 9 3900Xやその他Zen2プロセッサをサポートする。オンボードオーディオは 「ASUS SupremeFX Audio(Realtek ALC1220)」とESS製 ES9023P DACを搭載。なお、ROG CROSSHAIR VIIIシリーズは全てこのオーディオ構成になっている。, フォームファクタは「Mini-ITX」ではなく「Mini-DTX」だ。「Mini-ITX」と比較すると、少し縦に長いのがわかる。また、I/Oカバー上部には小型ファンが見える。オーディオには他のCROSSHAIRマザーボード同様、「ASUS SupremeFX Audio(Realtek ALC1220)」を搭載。さらに、ESS製 ES9023P DACもついている。中央に見えるS.O.DIMMスロットだが、ここに拡張スロットをさす形になるらしい。ある意味変態だ。, 下位モデルである「TUF GAMING」だが、12+2フェーズ(DrMOS)を採用している。, 一般向けの「ASUS PRIME」シリーズとしては初めて、一体型I/Oパネルを採用した。, なお、DisplayPort×2にて「Graphics Imput」が使用できる(Outputには非対応)。, お馴染みのニチコン 12K Black Capsや新生50A DrMOSなどを採用した「Phantom Gaming X」のX570モデルが登場。新しくなったVRMヒートシンクやマザーボードの下半分を覆う大きな金属製カバー、背面メタルプレート、アドレサブル対応RGB LEDなど、ハイエンドにふさわしい装備となっている。, デザインを少し変え、2.5Gbit LANを排除した版のPhantom Gaming Xのように見える。MOSFETには「SiC634」という非常に安価な50A品が使用されている。お馴染みのニチコン(FPCAP) 12Kコンデンサがぎっしりと詰まっている。, M.2が1つと拡張性は控えめだが、Thunderbolt 3を搭載。また、10の電源フェーズを備えており、Mini-ITXとは思えない電源周りだ。ただ、いろいろ詰め込みすぎた結果Socket AM4向けのCPUクーラーが使用できなくなっており、代わりにIntel LGA1151向けのものが使用できるようになっている。, その他のボードで確認されているのは・X570 Phantom Gaming 4・X570 Pro4・X570M Pro4だ。, GIGABYTEのメインストリーム最上位である「AORUS XTREME」がついにAM4プラットフォームで登場。フォームファクタはE-ATXで、Wi-Fi 6「ax」に対応したモジュールが付属する。合計16フェーズの電源回路は70AのPowIRstage「TDA21472」にて構成されており、フェーズダブラーを一切使用しない新設計「16 Direct Digital Power Design」を採用。全てPWMコントローラーで個別に制御される。メモリスロットは4本で最大128GBに対応。単体32GBモジュールに対応する。AM4プラットフォームで32GBモジュールが使えるのは大きい。なお、QVL含めメモリ周りのサポートに関しては現在検証中とのこと。そしてこのマザーボードの特徴の一つに【チップセットクーラーがない】という点がある。週間AORUS TV(Youtube)にて温度の実測値が示されたが、大型ヒートシンクと裏面の放熱プレートのおかげか、温度は気になるほど高くはなかった(チップセットまわりがだいたい50℃程度)。GIGABYTE Japan(@GIGABYTE_News)のツイート, 3つのM.2全てにAORUS M.2 Thermal Guardを搭載。また、Fins-Arrayヒートシンクと裏面のベースプレートでVRM含めマザーボード全体を効率よく排熱できる。もちろんWi-Fi 6 ax対応(最大2.4Gbps対応)のモジュールも付属。また、2.5Gbit対応のLANも搭載している。合計14フェーズの電源回路は50A PowIRstageである「IR3556」MOSFETが使用されており、最上位のAORUS XTREME同様フェーズダブラーを一切使用しない新設計「 Direct 14 Phase Digital Power」を採用している。ダブラーがないということで、ネイティブ14フェーズの強力なVRMを拝むことができる。, 下の「X570 AORUS PRO」にWi-Fi 6対応のモジュールを搭載したもの。基板設計はAORUS PROと一緒だ。スペックに関してはAORUS PROと同じなのでそちらを参考にしてほしい。, 最上位のX570 AORUS XTREMEと同じ、70A PowIRstage「TDA21472」を採用した6(+2)フェーズの非常に強力な電源回路設計(※SoC向け2フェーズは40AのIR3553)。Mini-ITXマザーボードとしては初の裏面全面に放熱プレート搭載モデル。HDMI 2.0×2(HDCP 2.2、HDR対応)とDisplayPort 1.2×1で最大3画面出力に対応している。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. A new designed protective cover for all of the crucial parts near the motherboard's rear I/O, so that they won't easily be damaged by static electricity. X570 Steel Legend. ASRock’s exclusive Steel Slot with extra anchor points are revolutionary added to ensure signal stability and also making sure heavy graphics cards to be well-installed in the PCI-E slot safely. The next generation PCI Express 4.0 is capable of performing twice the speed compared to previous 3rd generation. Supports the next generation PCI Express 4.0 M.2 SSDs, it is capable of perform twice the speed compared to previous 3rd generation, giving a lightning fast data transferring experience. 同製品はRyzen 3000/2000シリーズ対応のAM4マザーボードで、10電源フェーズ設計やRGB LEDに対応していることが特徴です。. A combination of 820uF and 100uF capacitors. This model may not be sold worldwide. Extra large aluminum alloy heat sinks that effectively take away heat from the MOSFET and chipset so that your whole system may perform more stable. ASRockからAMD X570チップセット採用のSocket AM4対応マザーボード「X570 STEEL LEGEND WiFi ax」が発売された。 Please contact your local dealer for the availability of this model in your region. |, https://asrock.com/mb/spec/product.asp?Model=TPM-SPI, Supports AMD AM4 Socket Ryzen™ 2000 and 3000 Series processors, 2 PCIe 4.0 x16, 3 PCIe 4.0 x1, 1 M.2 (Key E) For WiFi, Graphics Output Options: HDMI, DisplayPort, 7.1 CH HD Audio (Realtek ALC1220 Audio Codec), 8 SATA3, 1 Hyper M.2 (PCIe Gen4 x4 & SATA3), 1 Hyper M.2 (PCIe Gen4 x4), 2 USB 3.2 Gen2 (Rear Type A+C), 10 USB 3.2 Gen1 (4 Front, 6 Rear). The specification is subject to change without notice in advance. ECC (Error-correcting code) is a method of detecting and correcting single-bit memory errors. enhanced and improved Vcore voltage to the motherboard. © 2020 九荻 新 All rights reserved. ASRock Live Update & APP Shop is designed for your convenience. It's time to enjoy the most purified audio performance with ultra high definition. 最新チップセットB550はX570/B450とどう違う? ASRockの人気マザーボード「Steel Legend」シリーズで違いを検証 Plus, it offers unmatched overclocking capabilities and enhanced performance with the lowest temperature for advanced gamers as well. X570 Steel Legend | ATX | AMD SocketAM4 | マザーボード | PCパーツと自作パソコン専門のオンラインショップ。当サイトでは、PCワンズの店舗の案内から各種PCパ 7.1 CH HD audio with the latest Realtek ALC1220 audio codec, individual PCB layers for R/L audio channel, 120dB SNR DAC and other technologies to deliver the crispest sound effects. ASRock AMD Ryzen 3000シリーズ CPU(Soket AM4)対応 X570チップセット搭載 ATX マザーボード X570 Steel Legend. ASRock Full Spike Protection includes various technologies to prevent your motherboard’s components from being damaged by these unexpected voltage spikes. This motherboard is capable of supporting DDR4 ECC un-buffered memory modules that delivers server-grade performance and rock-solid durability for high-end computing systems, such as scientific or financial computers.